検索画面に戻る   一覧に戻る

てんころりん村

テンコロリンムラ

■代表者:
石川 啓吾(イシカワ ケイゴ) 代表
■担当者:
大森 良祐(オオモリ リョウスケ) 渉外
■団体・個人の属性:
農林魚業者を主体とする任意団体
■連絡先:
〒409-3704
山梨県笛吹市鴬宿371 
TEL:055-298-5071
FAX:055-298-5072
E-mail:info@tenkororin.com
URL:http://www.tenkororin.com
■体験学習支援の内容:
農業体験学習受入 林業体験学習受入

■受入可能な人数:
30人/1日

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 米(水稲) 麦・ソバ・大豆等穀類 野菜 森林体験 林業体験 農業情報全般 林業情報全般
(補 足)
指導体験の実習内容
種類 土つくり 植え付け 栽培管理 収穫 木工 間伐・除伐 植樹・下草刈り 自然体験 長期実習体験
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等)
受入れ対象者
種別 幼稚園・保育園児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 家族(個人) 大学(院生) 社会教育団体
(補 足)
受入れ期間
時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
(補 足)
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 平成 21 年 7 月
前年度実績 平成 21年度 10回 延べ 300人
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道) 中央線 石和温泉駅
公共交通利用の詳細 新宿より中央線で石和温泉駅、鴬宿ゆきバスで約1時間
車利用(高速道) 中央道 甲府南、一宮御坂
車利用の詳細 甲府南インターより国道358号線で上九一色へ、県道芦川線で鴬宿へ または 河口湖インターより国道139、137号線で大石へ、若彦トンネルを抜け芦川へ
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 有料
(補 足)
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類 収穫祭・祈願祭(豊作・豊漁) 蛍狩り 自然観察等
(補 足)
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類 もちつき 納豆・豆腐づくり(大豆加工) こんにゃくづくり そば・うどん打ち 漬物づくり 調理体験
(補 足)
指導員
種別 農林漁業の組合指導者
(補 足) 地元の農業指導者
宿泊施設
施設の有無 施設有り
施設がある場合の情報 芦川グリーンロッジ、やすらぎの里
雨天・荒天の対応
対応の有無 要相談
(補 足)
緊急時の医療機関
医療機関の有無 なし
(補 足)
保険加入
保険加入の有無 あり
(補足 : 保険の種類など) 障害保健
障害者用施設
施設の有無 なし
施設がある場合の情報
トイレ
種別 男性用 2 カ所、 女性用 2 カ所、障害者用 1 カ所
(補 足)
体験学習支援にあたっての抱負
抱負 笛吹市芦川町は都心から1時間半の近い距離にありながら、他には類を見ない程自然が残されています。体験を行うにも山の自然と隣接した所で行います。 当組織の代表はビオトープの専門家で、農業と生物の共生をテーマに農業を行います。この農業は生物多様性の危機にも結びつき、化石燃料の高騰や減少による食糧危機にも対応できる永続できる農業です。
周辺環境
教育的配慮 自然が豊富な芦川ならではの多くの発見が体験農業を通して得られます。農地にいる昆虫などの生き物を観察するだけで周りの環境との調和が学べます。 例として、芦川には他では殆ど見られなくなった、森青かえる、アサマシジミ、ホタルなどが生息しています。
体験以外に教育的効果の期待できる施設
その他特記事項
その他特記事項 今年は生物多様性年です。ここ30年で生物の多様性が急速に減少しています。分かり難い概念ですが、人類存続の危機に結びつくことが起きています。 この生物多様性の重要性を少しでもわかって頂き、農業との調和を理解して頂くことを目標にしています。

アクセスマップ