ERROR : insert to log_tbl
   検索画面に戻る   一覧に戻る

社会福祉法人 西北会  (エンゼルゆめ保育園、エンゼルスポーツ幼稚園)

シャカイフクシホウジンセイホクカイ 

■代表者:
小松崎 清(コマツザキ キヨシ) 理事長
■担当者:
松下 澄子(マツシタ スミコ) 事務、栄養士
■団体・個人の属性:
その他
社会福祉法人エンゼルゆめ保育園および学校法人エンゼルスポーツ幼稚園を設立。その他に、特別養護老人ホーム道の花の園もある。
■連絡先:
〒300-0051
茨城県土浦市真鍋2丁目10番23号 
TEL:029-822-1863
FAX:029-822-3861
E-mail:k-hiroko@ck9.so-net.ne.jp
URL:http://angelyume.jp/
■体験学習支援の内容:
農業体験学習受入 林業体験学習受入 漁業体験学習受入
漁業体験は10月のみ実施します。

■受入可能な人数:
50人/1日

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 麦・ソバ・大豆等穀類 野菜 森林体験 林業体験 漁業体験
(補 足)
指導体験の実習内容
種類 植え付け 栽培管理 収穫 地引き網・釣り等 間伐・除伐 自然体験
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等) 説明(1時間程度)、実習(4時間程度)
受入れ対象者
種別 幼稚園・保育園児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 もう・ろう・養護学校 家族(個人) 教員 大学(院生) 社会教育団体 学童保育 その他
(補 足)
受入れ期間
時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
(補 足)
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 平成 21 年 1 月
前年度実績 平成 20年度 1回 延べ 100人
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道) 常磐線 土浦駅
公共交通利用の詳細
車利用(高速道) 常磐高速道路 土浦桜インター
車利用の詳細
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 一部有料
(補 足) 実費のみ徴収
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類 自然観察等 その他
(補 足)
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類 もちつき そば・うどん打ち 漬物づくり 調理体験
(補 足)
指導員
種別 インストラクター その他
(補 足)
宿泊施設
施設の有無 施設有り
施設がある場合の情報 当施設(保育所、幼稚園の空き保育室)で宿泊可能、要相談。
雨天・荒天の対応
対応の有無 室内プログラム有り
(補 足)
緊急時の医療機関
医療機関の有無 なし
(補 足)
保険加入
保険加入の有無 なし
(補足 : 保険の種類など) 各自で入って頂くこととします。
障害者用施設
施設の有無 なし
施設がある場合の情報
トイレ
種別 男性用 1 カ所、 女性用 1 カ所、障害者用 0 
(補 足)
体験学習支援にあたっての抱負
抱負 食材の問題と農地や里山の荒廃の問題、そして小中学校の教育荒廃問題は、今や来るべきところへ来てしまった感がある。特に食べ物が信じられなくなってしまった問題は、日々の食生活の上で深刻な問題である。 私たちは『食』の原点である自給自足、そして地産地消による、健全な食の復活を訴え、併せて荒れ果てた山野の回生を祈りながら、自ら考え、行動する場を教育現場に置くことを考えている。 年2回、ウィークエンドや放課後、そして長期休暇中に、親子でできる簡単で楽しく、取り組みやすい体験学習を考えだし、一刻も早く世に問い、普及されるよう、心底から願っているところである。
周辺環境
教育的配慮 ?筑波山麓水郷国定公園内の森林内の大自然に、?当幼稚園の裏にある里山などにより、体験学習を実りあるものにさせてみたい。
体験以外に教育的効果の期待できる施設 つくば市に所在する、植物実験博物館、農林省農業研究の諸施設、および土浦市にある霞ヶ浦環境科学センターなど、ツアーバスがスタートしている。
その他特記事項
その他特記事項

アクセスマップ