検索画面に戻る   一覧に戻る

熊本グリーンヘルパーの会

クマモトグリーンヘルパーノカイ

■代表者:
河崎 由紀夫(カワサキ ユキオ) 会長
■担当者:
園村 千栄子(ソノムラ チエコ) 事務局
■団体・個人の属性:
NPO法人
■連絡先:
〒861-5255
熊本県熊本市尾ノ上1-9-16 
TEL:096-360-7119
FAX:096-360-7129
E-mail:matizuku@carrot.ocn.ne.jp
URL:
■体験学習支援の内容:
その他
昔の暮し体験、エコライフ、伝統文化体験

中江神楽見学、荻岳登山など
■受入可能な人数:
30人/1日

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 野菜 花(花卉) 森林体験
(補 足) 竹細工、蕎麦うち、豆腐作り、こんにゃく作り、虫取り、星空観察、五右衛門風呂、釜炊き他
指導体験の実習内容
種類 植え付け 収穫 間伐・除伐 自然体験
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等) 竹小屋作り、萱小屋づくり、山登り、植物観察、野菜の収穫体験
受入れ対象者
種別 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 教員 大学(院生) 社会教育団体
(補 足)
受入れ期間
時期 8月
(補 足) 四季の内いつでも
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 平成 13 年 11 月
前年度実績 平成 17年度 1回 延べ 30人
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道) 豊肥線 滝水駅
公共交通利用の詳細 滝水駅より車で7分 徒歩30分
車利用(高速道) 国道57号線 熊本インター
車利用の詳細 熊本市内から車で1時間30分
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 有料
(補 足) 昼、夕、朝食(三食分)及び寝具、汲み取り代、保険料他 3,000円必要
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類 収穫祭・祈願祭(豊作・豊漁) 自然観察等
(補 足) 中江神楽見学、荻岳登山など
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類 納豆・豆腐づくり(大豆加工) こんにゃくづくり そば・うどん打ち 調理体験
(補 足)
指導員
種別 その他
(補 足) 緑のまちづくり交流協会が養成した「波野プレイリーダー」
宿泊施設
施設の有無 施設有り
施設がある場合の情報 明治時代に建てられた古い民家、囲炉裏や五右衛門風呂、蚊帳など昔の民具や用具が多数揃っている
雨天・荒天の対応
対応の有無 室内プログラム有り
(補 足) 囲炉裏の周りで「昔のお話」、ロープワーク、木の実のクラフトなど
緊急時の医療機関
医療機関の有無 あり
(補 足) 隣町の大阿蘇病院へその都度連絡
保険加入
保険加入の有無 あり
(補足 : 保険の種類など) 国内旅行保険に加入
障害者用施設
施設の有無 なし
施設がある場合の情報
トイレ
種別 男性用 2 カ所、 女性用 1 カ所、障害者用 0 
(補 足)
体験学習支援にあたっての抱負
抱負 波野プレイキャンプ」は、阿蘇の波野村にある古い民家(収容人員50名)を活用して、春夏秋冬1年を通して、1泊2日の合宿を年3回又は4回行う予定で、小中学生対象に20〜30名を募集。指導には、九州東海大学教授田中孝幸氏の他、波野村元村長の岩下氏はじめ、村の里山遊びの名人達と当協会が養成した「プレイリーダー」があたります。  活動内容は、遊びを通して自然や村の暮らしを実体験する。例えば虫取りも、仕掛けを作って実際に捕まえることで、その生態や習性を知り、木や竹も伐ることで、間伐の意味や有効利用を考え、農作業では種まきから収穫の楽しみを味わい、神楽鑑賞、こんにゃく作りなど村の住人との交流も行ないます。
周辺環境
教育的配慮 宿泊施設「波野の家」は、阿蘇、久住、祖母、の山々を一望できる荻岳(843m)の麓にあり、森と畑と厩付きの古い大きな民家で、囲炉裏に五右衛門風呂、各種民具、コウモリの棲む洞窟までそろっており、環境学習や村の生活体験にはピッタリの環境です。  この環境を利用し、疑似体験でしか物事を理解することができない子ども達を大自然の中に連れ出して、楽しい遊びや行事の中で、自然の不思議や村の生活を体験させ、風呂焚き、食事作り、掃除等それぞれ役割分担して行う合宿体験の中で、リーダーシップや協調性を養い、子ども達の「考える力」、「生きる力」を培います。
体験以外に教育的効果の期待できる施設
その他特記事項
その他特記事項 本物の自然を相手にすることで、子ども達は、テレビゲーム的な疑似体験では得られない現実を知り、リセットのきかない命や、傷つけば痛いことを身をもって体験し、日常生活に無い生活環境や人間関係の中で、「ものを見る目」を養うことができます。

アクセスマップ