検索画面に戻る   一覧に戻る

南アルプスファームフィールドトリップ

ミナミアルプスファームフィールドトリップ

■代表者:
小野 隆(オノ タカシ) 代表
■担当者:
小野 隆(オノ タカシ) 小野洋らん果樹園
■団体・個人の属性:
農林魚業者を主体とする任意団体
南アルプス市の若手農家によるグリーンツーリズム団体
■連絡先:
〒400-0213
山梨県南アルプス市西野1202 
TEL:090-8177-8419
FAX:055-282-2403
E-mail:axono@nifty.com
URL:http://www.yin.or.jp/user/ono/fft/
■体験学習支援の内容:
情報・教材提供 講師派遣 農業体験学習受入

木の枝を使ったクラフト
■受入可能な人数:
300人/1日
くだもの狩対応時、一般的な体験イベントは40名程度

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 野菜 果樹 畜産(酪農以外) 農業情報全般
(補 足) さくらんぼ・すもも・桃・ブドウ・柿・野菜栽培・養豚・しいたけ等
指導体験の実習内容
種類 土つくり 植え付け 栽培管理 収穫 飼育管理 長期実習体験
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等) 季節ごとの作業をイベントとして提供
受入れ対象者
種別 幼稚園・保育園児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 もう・ろう・養護学校 家族(個人) 教員 大学(院生) 社会教育団体 学童保育
(補 足)
受入れ期間
時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
(補 足)
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 平成 15 年 7 月
前年度実績 平成 15年度 4回 延べ 150人
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道) JR中央本線 甲府駅
公共交通利用の詳細 甲府駅から山梨交通バス西野経由(あやめが丘団地行き)約30分乗車。「西野東」バス停下車徒歩5分。
車利用(高速道) 中央自動車道 甲府昭和インター
車利用の詳細 甲府昭和インターを下り、県道5号(甲府櫛形線)「開国橋」を渡ってすぐに右折。甲府昭和インターから約10分。
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 有料
(補 足)
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類 収穫祭・祈願祭(豊作・豊漁) その他
(補 足) 木の枝を使ったクラフト
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類 そば・うどん打ち 果実ジュースづくり その他
(補 足) ジャム作り
指導員
種別 指導農業士など 行政機関担当者 インストラクター
(補 足) 現役の農業者による指導、
宿泊施設
施設の有無 施設無し
施設がある場合の情報
雨天・荒天の対応
対応の有無 室内プログラム有り
(補 足) ビニールハウス等
緊急時の医療機関
医療機関の有無 あり
(補 足) 近隣の医療機関へ依頼
保険加入
保険加入の有無 なし
(補足 : 保険の種類など)
障害者用施設
施設の有無 なし
施設がある場合の情報 近隣の道の駅や施設を利用
トイレ
種別 男性用 1 カ所、 女性用 1 カ所、障害者用 0 
(補 足) プログラムの農園により変更あり
体験学習支援にあたっての抱負
抱負 四季を通じ果物を楽しめる地域で、自然と、農業とを上手くバランスを取りながら、 だだお客様として訪れるのではなく、共に体験し共感する旅としてプログラムを計画しています。
周辺環境
教育的配慮 ただの観光ではなく、農作業の実習や解説。いろいろな資料等を配布して、よりわかりやすい果樹生産の体験を楽しんでいただいています。
体験以外に教育的効果の期待できる施設
その他特記事項
その他特記事項 南アルプスの麓、今年4月に誕生したばかりの(山梨県)南アルプス市。ここは、いろいろな果物が実る。自然の恵みいっぱいのフィールドです。ここで果樹園を営む若者たちが、ファームフィールドトリップを立ち上げました。 ただ訪れるだけでなく。体験し。学び。共感するグリーンツーリズム。そんな旅を、皆さんと作り上げていきます。食べることに興味のある人、エコロジーな栽培方法に共感できる人、ゆっくりとした時間の流れを楽しむ人。 そんなあなたといろいろな果物がどうやってできるか、年間を通して体験する旅。 子供たちに安心して食べさせられる果物を、お日様と風、土のめぐみで作り上げています。 体を動かしたいなぁ、土をさわりたいなぁ、子供と楽しみたいなぁ、という皆様に楽しんでいただければと思ってます。

アクセスマップ