検索画面に戻る   一覧に戻る

埼玉県立総合教育センター江南支所 「食と農のチャレンジ教室」

サイタマケンリツソウゴウキョウイクセンターコウナンシショ 「ショクトノウノチャレンジキョウシツ」

■代表者:
藤井 春彦(フジイ ハルヒコ) 埼玉県立総合教育センター 所長
■担当者:
仲山 嘉彦(ナカヤマ ヨシヒロ) 農業教育推進担当・指導主事兼所員
■団体・個人の属性:
都道府県
埼玉県教育局
■連絡先:
〒360-0113
埼玉県熊谷市御正新田1355番地1 
TEL:048-536-1586
FAX:048-536-1710
E-mail:k361586@pref.saitama.lg.jp
URL:http://www.center.spec.ed.jp/
■体験学習支援の内容:
農業体験学習受入

ナイトハイク
■受入可能な人数:
30人/1プログラム

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 野菜 花(花卉) 畜産(酪農以外) その他
(補 足) 野菜(ナス・キュウリ・トマト・)、家畜(ウシ・ポニー)、花(観葉植物)
指導体験の実習内容
種類 土つくり 植え付け 栽培管理 収穫 飼育管理 その他
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等) 野菜については、種まきから植付け、栽培管理、収穫、食味まで。宿泊時は、夕食時に自分たちで収穫した野菜を調理して食べたり、うどんを作って食べる等の体験。
受入れ対象者
種別 小学生(高学年)
(補 足) 小学生は4・5・6年生を対象とします
受入れ期間
時期 7月 8月 10月
(補 足) 2回(1泊2日を含む)異年齢交流、集団活動の視点を入れた体験です。
受入れ対象地区
地区範囲 地区限定
地区限定の場合の対象となる地区 埼玉県内
体験学習支援実績
開始年度 平成 19 年 7 月
前年度実績
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道) JR高崎線 熊谷駅
公共交通利用の詳細 JR熊谷駅北口?バスのりば 国際十王バス 「小川町駅」行き又は「県立循環器呼吸器病センター」行き「農業教育センター」バス停下車(バスの所要時間は約20分) 又は東武東上線・JR八高線小川町駅から国際十王バス「熊谷駅」行きに乗車し「農業教育センター」バス停下車(バスの所要時間は約25分)
車利用(高速道) 関越自動車道 東松山インターチェンジ
車利用の詳細 東松山インターチェンジから熊谷方面に向かい、約20分
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 有料
(補 足) 2500円(傷害保険、宿泊に伴う食費、シーツ代等)
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類 自然観察等 その他
(補 足) ナイトハイク
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類 そば・うどん打ち 調理体験
(補 足) 収穫した野菜の調理
指導員
種別 行政機関担当者 農業高校生など
(補 足)
宿泊施設
施設の有無 施設有り
施設がある場合の情報
雨天・荒天の対応
対応の有無 室内プログラム有り
(補 足)
緊急時の医療機関
医療機関の有無 あり
(補 足) 地元開業医まで1.5Km
保険加入
保険加入の有無 あり
(補足 : 保険の種類など) 普通障害保険、旅行保険
障害者用施設
施設の有無 あり
施設がある場合の情報 トイレ、駐車場
トイレ
種別 男性用 2 カ所、 女性用 2 カ所、障害者用 1 カ所
(補 足)
体験学習支援にあたっての抱負
抱負 埼玉県立総合教育センターでは、農業体験学習が子どもたちの豊かな心をはぐくむ上で重要であると考え、夏季休業中を活用し、農業体験教室を江南支所を会場に実施しています。人が生きていく上で大切な食とそれを支える農業の重要性を知り、身近な自然や環境について体験的に学ぶ機会とします。  
周辺環境
教育的配慮 埼玉県立総合教育センターでは、20ヘクタールの広大な敷地を活用し、農業の持つ教育力を活かした事業を行っています。農業と教育の専門職員が指導を行います。
体験以外に教育的効果の期待できる施設
その他特記事項
その他特記事項 埼玉県立総合教育センターでは、豊かな自然環境や身近な動植物を活用した農業体験学習・自然体験学習プログラムの、研究・開発及びその提供に取り組んでいます。

アクセスマップ