ERROR : insert to log_tbl
   検索画面に戻る   一覧に戻る

みねおかいきいき体験共和国

ミネオカイキイキタイケンキョウワコク

■代表者:
朝倉 常夫(アサクラ ツネオ) 大統領
■担当者:
佐久間 圭介(サクマ ケイスケ) 外務大臣
■団体・個人の属性:
その他
農家・酪農家
■連絡先:
〒299-2507
千葉県南房総市大井681-2 
TEL:0470-46-8611
FAX:0470-46-8612
E-mail:mineoka@vega.ocn.ne.jp
URL:http://www4.ocn.ne.jp/~iki_iki/
■体験学習支援の内容:
講師派遣 農業体験学習受入
講師派遣はご相談ください。

竹炭作り・水鉄砲作り・草木染め他
■受入可能な人数:
150人/1日
各プログラム20名以上

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 米(水稲) 麦・ソバ・大豆等穀類 酪農 その他
(補 足) いも類・落花生他
指導体験の実習内容
種類 土つくり 植え付け 栽培管理 収穫 搾乳 飼育管理 長期実習体験 その他
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等) 各体験とも2時間程度
受入れ対象者
種別 幼稚園・保育園児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 教員 大学(院生) 社会教育団体 学童保育 その他
(補 足) 各プログラム20名以上であればどなたでもご利用いただけます。
受入れ期間
時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
(補 足) 年間通して出来る通年体験と季節に合わせたさまざまな体験があります。
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 平成 12 年 5 月
前年度実績 平成 17年度 延べ 5200人
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道)
公共交通利用の詳細
車利用(高速道) 館山自動車道 君津IC
車利用の詳細 君津ICから鴨川方面へ向かい国道410号へ
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 有料
(補 足)
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類 わら細工
(補 足) 竹炭作り・水鉄砲作り・草木染め他
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類 もちつき 納豆・豆腐づくり(大豆加工) こんにゃくづくり そば・うどん打ち 果実ジュースづくり その他
(補 足) イチゴ狩り&ジャム・夏みかん狩り&ジャム・竹の子狩り&竹の子ご飯作り・房州太巻寿司・アイスクリーム作り・バター作り・アジの開き・イカ飯・いも饅頭他
指導員
種別 その他
(補 足) 農業・酪農
宿泊施設
施設の有無 施設無し
施設がある場合の情報
雨天・荒天の対応
対応の有無 室内プログラム有り
(補 足) 雨天時対応できます。
緊急時の医療機関
医療機関の有無 あり
(補 足) 鴨川市立長狭国保病院 車で7分のところにあります。
保険加入
保険加入の有無 なし
(補足 : 保険の種類など)
障害者用施設
施設の有無 なし
施設がある場合の情報
トイレ
種別 男性用 3 カ所、 女性用 3 カ所、障害者用 1 カ所
(補 足)
体験学習支援にあたっての抱負
抱負 森に囲まれた美しい町、丸山町大井に体験活動の拠点「いきいき体験共和国」が小学館プロダクションとの提携のもとに誕生しました。日本酪農発祥の地という由緒ある町で、酪農体験をはじめ、農業体験や地域に伝わる食品加工体験など、季節に合わせてさまざまな体験が出来ます。  元気いっぱいの7人の担当大臣と5人の女性名人が、体験活動のお手伝いをしようと張り切っています。クラスごとの一斉体験や、少人数のグループに分かれての体験活動など、いろいろなご要望にも対応できるよう体制を整えています。ぜひご活用ください。
周辺環境
教育的配慮 広大な放牧場を擁する千葉県丸山町の嶺岡牧場には「乳牛研究所」や「酪農資料館」があります。 「嶺岡乳牛研究所」は1911年に千葉県種畜場として誕生。一貫して、乳牛を改良し、優秀な乳牛を増やし広めるための研究を行っています。乳牛の凍結精液の顕微鏡観察などが出来ます。 「酪農のさと資料館」は日本酪農の原点である「白牛酪」と言う乳製品など酪農の歴史、乳製品を作る道具、乳牛の生態を楽しみながら学習できます。また日本ではここにしかいない「白牛」や放牧場のヤギとふれあうことも出来ます。
体験以外に教育的効果の期待できる施設 嶺岡乳牛研究所 酪農のさと資料館
その他特記事項
その他特記事項

アクセスマップ