検索画面に戻る   一覧に戻る

栃木県酪農業協同組合大笹牧場

トチギケンラクノウギョウキョウドウクミアイオオザサボクジョウ

■代表者:
内田 欽耕(ウチダ キンコウ) 代表理事組合長
■担当者:
船山 敏光(フナヤマ トシミツ) 課長(予約担当)
■団体・個人の属性:
協同組合以外の農林魚業法人
■連絡先:
〒321-2792
栃木県日光市瀬尾字大笹原3405 
TEL:0288-97-1116
FAX:0288-97-1120
E-mail:oozasa@tochiraku.or.jp
URL:http://www.tochiraku.or.jp/oozasa
■体験学習支援の内容:
農業体験学習受入

■受入可能な人数:
200人/1日
体験内容により異なりますが、200人位まで。1週間前にご連絡ください。

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 酪農
(補 足) 全国でも珍しい乳牛ブラウンスイス種を直接触って手搾りを、またその生クリームを使ってバター作りを体験していただきます。
指導体験の実習内容
種類 搾乳
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等) 乳搾り体験(数人で15〜20分、団体30〜60名で30〜50分) バター作り体験(数人で30〜45分、団体30〜名で30〜60分) 放牧牛の観察体験(団体35名位まで、30分〜60分程度) 体験時間帯は午前9時〜午後2時30分まで
受入れ対象者
種別 幼稚園・保育園児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 もう・ろう・養護学校 家族(個人) 教員 大学(院生) 社会教育団体 学童保育 その他
(補 足)
受入れ期間
時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
(補 足) 4月21日から10月31日まで。放牧牛の観察体験は5月下旬から行います。夏休み期間及び上記期間の土、日、祝祭日は午後1時〜2時の間に予約なしで体験できます。
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 平成 12 年  月
前年度実績 平成 20年度 延べ 11600人
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道)    
公共交通利用の詳細
車利用(高速道) 日光宇都宮道路 日光インター
車利用の詳細 霧降高原道路を経由して約40分。
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 有料
(補 足) 搾乳体験1人100円、バター作り体験1人350円、放牧牛の観察体験(団体)1団体2000円。
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類
(補 足)
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類
(補 足)
指導員
種別 その他
(補 足) 牧場スタッフが親切にご指導いたします。
宿泊施設
施設の有無 施設無し
施設がある場合の情報
雨天・荒天の対応
対応の有無 中止順延
(補 足) 放牧牛の観察体験は悪天候により中止させていただく場合があります。
緊急時の医療機関
医療機関の有無 あり
(補 足)
保険加入
保険加入の有無 あり
(補足 : 保険の種類など) 施設所有者賠償責任保険
障害者用施設
施設の有無 なし
施設がある場合の情報
トイレ
種別 男性用 1 カ所、 女性用 1 カ所、障害者用 0 
(補 足) レストハウス内には多数あります。障害者用トイレもレストハウス周辺に2ヶ所ありますので、レストハウスにてすませてから体験場に来ていただきたいです。
体験学習支援にあたっての抱負
抱負 都市部の住人に多く来場していただき、農業を身近に感じるとともに、その重要性を認識して、食文化を豊かにする安心・安全な牛乳・乳製品への理解を深めてもらいたい。
周辺環境
教育的配慮 日光国立公園内にある牧場で、日光東照宮へ35分、華厳の滝・中禅寺湖へは1時間10分の距離にあります。
体験以外に教育的効果の期待できる施設
その他特記事項
その他特記事項  大笹牧場は毎年中学生、高校生、大学生の牧場実習を受入れています。申し込みには各学校からの依頼が必要となりますが、1〜4名単位で5〜10日程度の実習を受入れします。  実習者にはそれぞれ思惑あっての事と思いますが牧場で働くこと、動物の世話をすること、搾乳すること、大自然での生活など、実習期間中それぞれの体験から様々なことを感じ取るようです。  実習した人が牧場を去るとき、きまって言う言葉は『来て良かった』『また来てもいいですか』の言葉です。感謝なのか、感激なのか、自分の悩みが解けたのか、涙ぐみながらお別れの挨拶をしていく人が多く見受けられます。

アクセスマップ