検索画面に戻る   一覧に戻る

うわのリンゴ園

ウワノリンゴエン

■代表者:
上野 登(ウワノ ノボル) 園主
■担当者:
上野 かなえ(ウワノ カナエ) お客様係
■団体・個人の属性:
農家
■連絡先:
〒020-0173
岩手県岩手郡滝沢村滝沢字大石渡21-2 
TEL:019-688-3535
FAX:019-688-3535
E-mail:u-ringo@f8.dion.ne.jp
URL:
■体験学習支援の内容:
情報・教材提供 相談窓口 講師派遣 農業体験学習受入

春はリンゴの花祭りコンサート。秋は収穫祭(餅つき、手打ちソバ体験)。
■受入可能な人数:
100人/1日
3班位に分けてインストラクター3人での対応が可能。

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 麦・ソバ・大豆等穀類 野菜 果樹 花(花卉) 農業情報全般
(補 足) 加工に力を入れております。特に、りんごジャム作り、りんごチップ作りは好評です。
指導体験の実習内容
種類 土つくり 植え付け 栽培管理 収穫
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等) りんご狩り30分、作業体験60〜240分 加工体験と収穫、講話を組み合わせ。
受入れ対象者
種別 幼稚園・保育園児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 もう・ろう・養護学校 家族(個人) 教員 大学(院生) 社会教育団体 学童保育
(補 足) 対象者によってメニューを組みます。
受入れ期間
時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
(補 足) 通年。冬型→加工体験が中心。夏型→農作業体験が中心。
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 平成 10 年 5 月
前年度実績 平成 17年度 30回 延べ 500人
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道) JR東北新幹線 盛岡駅
公共交通利用の詳細 盛岡駅より路線バスで国道4号線「分し」下車徒歩15分。
車利用(高速道) 東北自動車道 滝沢インター
車利用の詳細 インターより車で5分。
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 有料
(補 足) 1人当たり500〜2000円。
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類 収穫祭・祈願祭(豊作・豊漁)
(補 足) 春はリンゴの花祭りコンサート。秋は収穫祭(餅つき、手打ちソバ体験)。
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類 もちつき 納豆・豆腐づくり(大豆加工) そば・うどん打ち 漬物づくり 果実ジュースづくり
(補 足) リンゴジャム、山菜を収穫し調理する、木の枝を使ってのリース作り、草木染等。
指導員
種別 指導農業士など インストラクター
(補 足) グリーンツーリズムインストラクター、コーディネーター資格あり。
宿泊施設
施設の有無 施設無し
施設がある場合の情報 近くに国立青年の家があるので、そこに宿泊し当りんご園で体験というプログラムも組めます。
雨天・荒天の対応
対応の有無 室内プログラム有り
(補 足) 100人くらい収容できる施設あります。
緊急時の医療機関
医療機関の有無 あり
(補 足)
保険加入
保険加入の有無 あり
(補足 : 保険の種類など) グリーンツーリズムインストラクター賠償責任保険
障害者用施設
施設の有無 あり
施設がある場合の情報 車イス用トイレ、バリアフリーの休憩所。園内散策用道路は車イスでの散策が可能。
トイレ
種別 男性用 2 カ所、 女性用 2 カ所、障害者用 1 カ所
(補 足)
体験学習支援にあたっての抱負
抱負 10年前に農業の方向を変えました。グリーンツーリズムを取り入れ、自然環境を考えながら、その良さ、そして30年の農業体験(水稲・養豚・花・果樹)を伝えていく事に重点をおいて沢山の人とかかわっていく事にしました。 子育てを終わった私と夫の第二の人生を同じ職業の農業で社会に発信できたらと思い取り組んでいます。
周辺環境
教育的配慮 盛岡市のとなりという事で交通の便が良い。そして自然環境が残っているということで、消費者との交流も盛んである。 岩手大学、盛岡大学、県立大学が5分以内の所にあり、学園都市構想の中にある。
体験以外に教育的効果の期待できる施設 県立博物館、盛岡農業高校、国立青年の家(宿泊可能)、村埋蔵文化財センター(近くで縄文・弥生の土器や石器が出土する)。
その他特記事項
その他特記事項 仲間とグリーンツーリズム研究会を作っています。 インストラクター6名、コーディネーター1名で対応も出来ます。 グリーンツーリズム(GT)インストラクター賠償責任保険に加入しています。

アクセスマップ