検索画面に戻る   一覧に戻る

鴨川市農林業体験交流協会

カモガワシノウリンギョウタイケンコウリュウキョウカイ

■代表者:
田村 政彦(タムラ マサヒコ) 会長
■担当者:
清水 宏(シミズ ヒロシ) 事務局長
■団体・個人の属性:
その他
任意団体
■連絡先:
〒296-0112
千葉県鴨川市宮山1696 鴨川市総合交流ターミナル「みんなみの里」
TEL:04-7099-8055
FAX:04-7099-8044
E-mail:kaguya@minnami.com
URL:www.minnami.com
■体験学習支援の内容:
情報・教材提供 相談窓口 講師派遣 農業体験学習受入

竹細工
■受入可能な人数:
160人/1日
田植、稲刈り等は160人可 その他は20〜40人/回程度となります。

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 米(水稲) 野菜 果樹 花(花卉) 酪農
(補 足)
指導体験の実習内容
種類 植え付け 栽培管理 収穫
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等) わら細工(2〜3時間)、竹細工(2.5〜3時間)、せんべい焼(20分)、陶芸体験(1〜2時間)予約をお願いします。
受入れ対象者
種別 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 家族(個人) 教員 社会教育団体
(補 足)
受入れ期間
時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
(補 足) (対象により)田植、4〜5月 稲刈り8〜9月
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 平成 11 年 3 月
前年度実績 平成 17年度 延べ 18546人
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道) JR外房又は内房線 安房鴨川駅
公共交通利用の詳細 日東バス東京湾フェリーは平塚本郷行で長狭中学校下車徒歩5分
車利用(高速道) 舘山自動車道 鋸南保田IC
車利用の詳細 県道34号→国道410号 35分
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 有料
(補 足) わら細工500円〜 竹細工1000円〜 物により異なる
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類 わら細工 その他
(補 足) 竹細工
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類
(補 足) 豆腐作り、味噌づくり イチゴジャムづくり だんごづくり 太巻寿司づくり
指導員
種別 インストラクター
(補 足) 会員、農家他
宿泊施設
施設の有無 施設無し
施設がある場合の情報
雨天・荒天の対応
対応の有無 要相談
(補 足) 体験実習室25〜40名収容有り
緊急時の医療機関
医療機関の有無 あり
(補 足) 隣接して「鴨川市立国保病院」あり(鴨川市宮山233 Tel04-7097-1221
保険加入
保険加入の有無 なし
(補足 : 保険の種類など)
障害者用施設
施設の有無 あり
施設がある場合の情報
トイレ
種別 男性用 7 カ所、 女性用 8 カ所、障害者用 1 カ所
(補 足)
体験学習支援にあたっての抱負
抱負 会員農家による支援が中心です。農業への理解を深めてもらう目的で農業体験を通して都市住民との交流をはかっています。
周辺環境
教育的配慮 鴨川市の長狭地区は古来から水稲中心の所で、農業神事が多く伝承されています。又、酪農発生の地でもあります。大山干枚田等の棚田も保全されています。
体験以外に教育的効果の期待できる施設 市営嶺岡キャンプ場 酪農の里(丸山町)
その他特記事項
その他特記事項 都市住民の定住対策(帰農)を視野に入れた支援及び受入れを考えています(鴨川市ふるさと回帰支援センター)。

アクセスマップ