検索画面に戻る   一覧に戻る

ポラン農業小学校

ポランノウギョウショウガッコウ

■代表者:
鈴木 昭一(スズキ ショウイチ) 専門学校講師
■担当者:
小岩 孝之(コイワ タカユキ) いわて生協組織本部
■団体・個人の属性:
公益法人
いわて生協とJAいわて花巻の共催
■連絡先:
〒020-0180
岩手県岩手郡滝沢村滝沢字土沢220−3 いわて生活協同組合内
TEL:019-603-8299
FAX:019-687-1117
E-mail:sn.i06696tk@todock.jp
URL:http://www.iwate.coop/
■体験学習支援の内容:
情報・教材提供 農業体験学習受入

■受入可能な人数:
20人/1日
畑の規模や毎年30〜40名の子どもが登録し活動しているため。

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 米(水稲) 麦・ソバ・大豆等穀類 野菜
(補 足) 収穫作業だけでなく田植え、稲刈り、草取りなど作物が育ち、収穫までの一連の作業を行います。
指導体験の実習内容
種類 土つくり 植え付け 栽培管理 収穫 長期実習体験
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等) JAいわて花巻が農業指導を行います。農作業体験は主に午前中に行い、午後は加工体験を行います。毎回10:00〜14:00の4時間ぐらいの活動時間です。
受入れ対象者
種別 小学生(低学年) 小学生(高学年) 教員 大学(院生)
(補 足) 活動の主な対象は小学生です。大人の見学、手伝いは大歓迎です。
受入れ期間
時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
(補 足) 毎月第2、4土曜日で年間19回実施しています。(※3、4、12、1月は1回です)
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 平成  年  月
前年度実績
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道) JR東日本 北上線 ほっとゆだ駅
公共交通利用の詳細 タクシーで20分
車利用(高速道) 秋田自動車道 湯田インター
車利用の詳細 インターから20分
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 有料
(補 足) 1回2,000円(現地集合の方は1,500円)
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類
(補 足)
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類 もちつき 納豆・豆腐づくり(大豆加工) そば・うどん打ち 漬物づくり
(補 足) 夏期間は農作業体験中心なので、11月以降の体験となります。
指導員
種別 農林漁業の組合指導者 大学(院)生など その他
(補 足) 退職、現職、小・中教員・JA青年部・地元農家のお母さん方。
宿泊施設
施設の有無 施設無し
施設がある場合の情報
雨天・荒天の対応
対応の有無 室内プログラム有り
(補 足) 小雨決行。荒天の場合は工作などを行ないます。
緊急時の医療機関
医療機関の有無 あり
(補 足) 西和賀町国民健康保険 沢内病院
保険加入
保険加入の有無 あり
(補足 : 保険の種類など) 生協行事保険(普通傷害・賠償責任)
障害者用施設
施設の有無 なし
施設がある場合の情報
トイレ
種別 男性用 1 カ所、 女性用 1 カ所、障害者用 0 
(補 足)
体験学習支援にあたっての抱負
抱負 食と農との関わりについて実体験をもつ機会の少ない小学生を対象に1 年間継続して参加することを特徴にしている農業小学校です。 地元農家の方々や現職・退職された教員のみなさんからのご支援で2008年には10周年を向かえ、これまで365名の子どもたちが参加しています。活動場所は西和賀町と盛岡からは若干遠いところになりますが、盛岡市内からは送迎バスも運行しています。興味関心があるので参加してみたいという方は大歓迎します。お気軽にお問い合わせください。
周辺環境
教育的配慮 西和賀町教育委員会のご好意で、廃校になった湯田町立左草小学校下前分校をお借りしています。給食室、調理室、理科室、体育館を自由に利用しています。
体験以外に教育的効果の期待できる施設 春はわらびなどの採れる山野、夏に水あそびのできる清流和賀川、秋は紅葉の女神山登山、冬はスキーのできる環境と四季を通じて農作業以外の自然体験を満喫できます。
その他特記事項
その他特記事項

アクセスマップ