検索画面に戻る   一覧に戻る

(有)蔵王マウンテンファーム・山川牧場

(ユウ)ザオウマウンテンファームヤマカワボクジョウ

■代表者:
山川 喜市(ヤマカワ キイチ) 代表取締役
■担当者:
山川 孔子(ヤマカワ コージ) ファームマネージャー
■団体・個人の属性:
その他
地域交流牧場全国連絡会 酪農教育ファーム推進委員会 (社)日本農業法人協会山形支部 JA山形 山形県経営構造対策推進協議会 専門アドバイザー
■連絡先:
〒999-3114
山形県上山市永野2191-23 
TEL:023-679-2150
FAX:023-679-2150
E-mail:yamakawa@family.email.ne.jp
URL:http://www.yamakawa-farm.jp/
■体験学習支援の内容:
相談窓口 講師派遣 農業体験学習受入 その他
学校・教育関係者へ支援、他農場・牧場への支援

古い農家博物館 上山城博物館 陶芸 こけしの絵付け コンサート・ライブ 木工 マスづりと調理
■受入可能な人数:
200人/1日
午前・午後を別にすると300〜400人が可能

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 米(水稲) 麦・ソバ・大豆等穀類 野菜 果樹 花(花卉) 畜産(酪農以外) 酪農 農業情報全般 その他
(補 足) 山菜・野草 山や川、自然とのもの、つり・山菜取り・登山・スキー・草木染め・リース作り。昆虫取り、雪遊び・樹氷原トレッキング・農村生活、食文化
指導体験の実習内容
種類 土つくり 植え付け 栽培管理 収穫 搾乳 飼育管理 長期実習体験 その他
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等) H・14年度実施例、(社)日本農業法人協会事業のアグリファンクラブで3月より11月までの体験・11/16〜17晴海で報告・発表会へ参加(テレビユー山形は毎週土曜日に放送)、2年目のH15年度は秋田市で成果発表
受入れ対象者
種別 幼稚園・保育園児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 もう・ろう・養護学校 家族(個人) 教員 大学(院生) 社会教育団体 学童保育 その他
(補 足) 老人ホーム・公民館活動・スーパー・生協イベント・講演会・マスコミ関係・高校・大学の実習
受入れ期間
時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
(補 足) 牧場は通年の体験が可能です。特にスキーや雪遊び、樹氷原トレッキング等の組合はいかがでしょう。
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 昭和 50 年  月
前年度実績 平成 16年度 延べ 980人
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道) JR山形新幹線 上山温泉駅
公共交通利用の詳細 車15分、バス30分
車利用(高速道) 山形自動車道 蔵王インター
車利用の詳細 20分
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 有料
(補 足) 牧場体験1400円〜 バター作り500円〜その他資料・ホームページによる 要体験
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類 収穫祭・祈願祭(豊作・豊漁) 朝市 その他
(補 足) 古い農家博物館 上山城博物館 陶芸 こけしの絵付け コンサート・ライブ 木工 マスづりと調理
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類 もちつき そば・うどん打ち 漬物づくり その他
(補 足) バター作り・試食 ピザ作り・試食 マスつりと調理実習・試食 ハム・ソーセージ作り・試食 アイスクリーム作り・試食
指導員
種別 インストラクター
(補 足) 実務担当者
宿泊施設
施設の有無 施設有り
施設がある場合の情報 別紙パンフ
雨天・荒天の対応
対応の有無 室内プログラム有り
(補 足) 牧場体験は牛舎内で ソバ打ち・ピザ作り・バター作り・こけし絵付・木工・陶芸類は室内で
緊急時の医療機関
医療機関の有無 あり
(補 足) 上山蔵王みゆき病院(車で15分) ※参考 代表者山川喜市はスキーパトロール実務23年間(日赤救急員・遭難救助) 
保険加入
保険加入の有無 あり
(補足 : 保険の種類など) 団体障害保険(酪農教育ファーム
障害者用施設
施設の有無 なし
施設がある場合の情報
トイレ
種別 男性用 1 カ所、 女性用 1 カ所、障害者用 0 
(補 足) 洋式
体験学習支援にあたっての抱負
抱負  農業・農村は農畜産物の生産や、加工だけでなく、心まで癒してくれる豊かな自然や動物もいます。 農業・農村は、日本の文化の始まりです。伝統や郷土芸能、技術又は、農作業や農村生活そのものが文化でグリンツーリズムです。  食に関する安全や安心は自分の目で見て、ふれて体験してわかるものです。五感を使った体験で自然や農業の大事さをわかってもらいたい。又教育的効果の大きいことは、立証されています。  イギリス・ヨーロッパでは、50年の歴史をもち、農業体験・教育ファームが進められてきました。特に牧場は生き物とのふれあいや、体験メニューの豊かさ、そして蔵王の自然や温泉を活用して通年の体験ができる有利さがあると思います。  感覚や感性を高める音楽や、絵等も、農業や農村のイメージアップと、キッカケ作りになる重要な、要素と思います。
周辺環境
教育的配慮  上山・山形地域は、古くから観光果樹園も、開かれていた。 当中川地区は、福祉村を運営しボランティア活動もさかんで、いろいろな福祉施設がある。  蔵王はスキーも盛んで、スキー教室等の指導的立場の人も多く、農業体験にも、その指導技術は生かされている。そして、スキーを通しての学校・教育関係者とも、古くからおつき合いがあります。
体験以外に教育的効果の期待できる施設  上山城博物館、平清水焼、古い農業博物館、宿場町、伝統的祭、蔵王山活用の登山、トレッキング、キャンプスキー、樹氷原トレッキング、蔵王温泉、上山温泉、天童温泉、赤湯温泉の活用
その他特記事項
その他特記事項  体験学習実績20年以上の経験を生かした、事前指導、事後指導と、継続的な、交流を重視し、体育的要素、文化や、芸能・音楽を取りこんだ、巾の広い、教育ファームを実施、酪農教育ファーム認証牧場です。  音楽の方は、オリジナル曲制作、ライブ・コンサートを県内外で実施。  CMソングの制作や、CD(オリジナル)の作成もしています。牧場の歌BEGO・NIGEDAのカエ歌で全国の牧場の歌(オリジナルで)地名や牧場名を入れたもので作っています。

アクセスマップ