検索画面に戻る   一覧に戻る

羽茂自然学園 カルトピアセンター「素浜」

ハモチマチシゼンガクエンカルトポアセンターソバマ

■代表者:
計良い 通明(ケラ ミチアキ) 佐渡市教育委員会南教育事務所事務局長・羽茂自然学園長
■担当者:
宇治 美徳(ウジ ヨシノリ) 佐渡市教育委員会南教育事務所地区教育係
■団体・個人の属性:
市町村
■連絡先:
〒952-0504
新潟県佐渡市羽茂本郷617 佐渡市教育委員会南教育事務所内 
TEL:0259-88-2230
FAX:0259-88-3392
E-mail:kt-kyo@city.sado.niigata.jp
URL:http://www.e-sadonet.tv/~cultopia
■体験学習支援の内容:
その他
長期山村留学生受入事業(1年単位)の中でのカリキュラム。

竹細工、とき絵付け1人当たり1,200円。わら細工の〆張馬製作体験1人当たり1,500円。
■受入可能な人数:

要確認  下の欄の体験者のコメントについてはホームページ上の「OB」の声をご覧ください。

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 米(水稲) 野菜 果樹
(補 足) 水稲・・田植え(手植え)、稲刈り、脱穀、調整、精米。野菜・・野菜植え、収穫。果樹・・おけさ柿収穫。
指導体験の実習内容
種類 植え付け 収穫 その他
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等)
受入れ対象者
種別 小学生(高学年) 中学生
(補 足) 長期山村留学生受入事業(1年単位)の中でのカリキュラム。羽茂短期自然学園サマーコースでは小学生(高学年)が受入れ対象。
受入れ期間
時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
(補 足) 長期山村留学生受入事業(4〜翌年3月の1年単位)。
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 昭和 61 年 4 月
前年度実績 平成 19年度 延べ 181人
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道)   佐渡両津港または小木港
公共交通利用の詳細 佐渡両津港から新潟交通定期バス小木線、村山学校前停留所下車、徒歩20分で羽茂自然学園。佐渡小木港から新潟交通定期バス小木線、村山学校前停留所下車、徒歩20分で羽茂自然学園。
車利用(高速道)    
車利用の詳細
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 有料
(補 足)
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類 わら細工 その他
(補 足) 竹細工、とき絵付け1人当たり1,200円。わら細工の〆張馬製作体験1人当たり1,500円。
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類 もちつき そば・うどん打ち
(補 足) 長期山村留学生受入事業の中で農業体験により収穫したものを、短期自然学園ウインターコースで体験活動する(小学生高学年対象)。また、サマーコース(7月下旬)では、トウモロコシの収穫、海水でジャガイモを煮て食べるなどの体験も行う。
指導員
種別 行政機関担当者
(補 足) 教育委員会職員、地元農業経営者。
宿泊施設
施設の有無 施設有り
施設がある場合の情報
雨天・荒天の対応
対応の有無 室内プログラム有り
(補 足)
緊急時の医療機関
医療機関の有無 なし
(補 足)
保険加入
保険加入の有無 あり
(補足 : 保険の種類など) 普通障害保険(1年間の長期山村留学と夏・冬の3〜6日の短期コースのみ)
障害者用施設
施設の有無 なし
施設がある場合の情報
トイレ
種別 男性用 2 カ所、 女性用 2 カ所、障害者用 0 
(補 足)
体験学習支援にあたっての抱負
抱負
周辺環境
教育的配慮 施設の前面は、4kmの砂浜が広がる海水浴場があり、周辺は農漁山村で周辺環境は良い。又、自然学園長期生が通う小学校がある。
体験以外に教育的効果の期待できる施設 当市には、市営の佐渡植物園、B&G海洋センター、民間経営でマリンスポーツ体験ができる佐渡マリーンスポーツハウス等がある。
その他特記事項
その他特記事項 「海で思いっきり遊んだ」、「たくさんの出会いがあった」など体験者のコメントをホームページで掲載中。

アクセスマップ