検索画面に戻る   一覧に戻る

小沢田観光果樹園

コサワダカンコウカジュエン

■代表者:
小沢田 晃(コサワダ アキラ) 園主
■担当者:
小沢田 晃(コサワダ アキラ) 園主
■団体・個人の属性:
農家
「名川町農業観光振興会」及び「名川町ホームスティ連絡協議会」参加農家。
■連絡先:
〒039-0507
青森県三戸郡名川町高瀬上宮野18-4 
TEL:0178-76-2265
FAX:0178-76-2265
E-mail:info@kosawada.com
URL:http://www.kosawada.com
■体験学習支援の内容:
農業体験学習受入

■受入可能な人数:
500人/1日
宿泊体験は4〜10人。宿泊はほとんどが中高生の農業体験修学旅行の受入れです。年に5〜7校受入れています。

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 果樹
(補 足) さくらんぼ、梅、ぶどう、りんごの収穫体験。その他果樹全般の農作業。
指導体験の実習内容
種類 栽培管理 収穫 長期実習体験 その他
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等) 中高生の修学旅行受入れ、長期実習受け入れ1ヶ月〜8ヶ月)。
受入れ対象者
種別 幼稚園・保育園児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 もう・ろう・養護学校 家族(個人) 教員 大学(院生) 社会教育団体 学童保育 その他
(補 足) 収穫体験は3歳から可能。
受入れ期間
時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
(補 足)
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 平成 5 年 5 月
前年度実績 平成 13年度 6回 延べ 30人
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道) 東北本線 八戸駅
公共交通利用の詳細 八戸駅より40分。
車利用(高速道) 八戸自動車道 南郷インター
車利用の詳細 八戸自動車道南郷インターより25分。
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 有料
(補 足)
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類 収穫祭・祈願祭(豊作・豊漁) その他
(補 足)
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類 もちつき そば・うどん打ち 漬物づくり 果実ジュースづくり
(補 足)
指導員
種別 その他
(補 足) 本人が指導する。
宿泊施設
施設の有無 施設有り
施設がある場合の情報 別棟2室(10人収容)、自宅5人収容。
雨天・荒天の対応
対応の有無 室内プログラム有り
(補 足) 室内プログラムあり要相談。ハウスの中の仕事。
緊急時の医療機関
医療機関の有無 なし
(補 足) 町立病院まで車で10分。
保険加入
保険加入の有無 なし
(補足 : 保険の種類など)
障害者用施設
施設の有無 なし
施設がある場合の情報
トイレ
種別 男性用 3 カ所、 女性用 2 カ所、障害者用 0 
(補 足)
体験学習支援にあたっての抱負
抱負 社会の変化にともない、子供たちの生活は大きく変わりました。自然とふれあい、多くの人と心を通わせる機会が減っています。季節感のない日常からは、食べ物の旬や年間の農作業について実感をもって知ることもできません。そんな子供たちに、四季折々の自然の中で農業を体験して生きる力を育んでもらおうというのがながわ農業観光“四季のまつり”です。豊かな自然環境に恵まれた名川町では、さくらんぼをはじめ、りんごや桃など果樹のもぎ獲りや、稲刈りなどの農作業体験メニューを豊富に用意しています。子供たちは作業を通じて、食や農業、自然、環境、そして健康などのテーマと向き合うことができます。また、互いに協力し合うことの大切さも学ぶでしょう。それは教科書の勉強とは違った学びのステージです。子供たちはそのステージで、自然を愛し、自ら学び、学んだことを自分のものにしていきます。名川町での農業体験は、大人になっても心の中のふるさととしていつまでも残ることでしょう。
周辺環境
教育的配慮 農家にホームスティし、農家の生活を味わうこともできます。田舎の親戚の家に遊びにきたような感覚で、寝起きをともにする生活、素朴であたたかい名川町の農家の人々との心のふれあいは、子供たちの良い思い出になります。
体験以外に教育的効果の期待できる施設 白華山法光寺・・鎌倉時代の執権北条時頼公が開祖のお寺です。日本一大きい三重の塔や日本の名松百選に選ばれた千本松並木、県の天然記念物に指定されている樹齢千年の爺杉などがあります。名川秋まつり・・人形などを飾った華麗な山車の上で、手踊りが披露されます。夜はライトアップされ、幻想的な踊りが楽しめます。名川町は南部手踊り発祥の地です。
その他特記事項
その他特記事項 名川町で通年農業体験を受入れる団体として、「名川町農業観光振興会」があります。さらに宿泊体験を受入れる団体として名川町ホームスティ連絡協議会」があります。16名の農家で修学旅行生のホームスティの受入れを行っています。

アクセスマップ