ERROR : insert to log_tbl
   検索画面に戻る   一覧に戻る

ふれあい農業体験

フレアイノウギョウタイケン

■代表者:
山内 健一(ヤマウチ ケンイチ) 理事長
■担当者:
遠藤 浩美(エンドウ ヒロミ) 喜多方市グリーン・ツーリズムサポートセンター
■団体・個人の属性:
農林魚業者を主体とする任意団体
喜多方市グリーン・ツーリズムの総合窓口
■連絡先:
〒966-0024
福島県喜多方市熊倉町熊倉字大竹1364 JA会津いいで熊倉支所内
TEL:0241-24-4488
FAX:0241-24-4489
E-mail:k-gtss@akina.ne.jp
URL:http://www.aizu-iide.or.jp/einou_fure.html
■体験学習支援の内容:
相談窓口 講師派遣 農業体験学習受入
本物の農作業を体験。(受入れ農家も真剣勝負で取り組んでいます。)

竹細工、そば打ち等
■受入可能な人数:
300人/1日
70戸の農家でそれぞれのメニューで農業体験を行います。

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 米(水稲) 麦・ソバ・大豆等穀類 野菜 果樹 花(花卉) 畜産(酪農以外) 酪農 その他
(補 足) 本当にその日しなければならない本物の農作業を体験。食べ物の大切さ、本当のおいしさを学びます。
指導体験の実習内容
種類 土つくり 植え付け 栽培管理 収穫 搾乳 飼育管理 長期実習体験
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等) 本当にその日しなければならない農作業を行います。(出荷用の作物など)半日体験4時間程度、1日体験6時間程度
受入れ対象者
種別 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 家族(個人) 教員 大学(院生) その他
(補 足) 社員研修等
受入れ期間
時期 5月 6月 7月 8月 9月 10月
(補 足)
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 平成 11 年 7 月
前年度実績 平成 18年度 50回 延べ 5800人
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道) JR磐越西線 喜多方駅
公共交通利用の詳細 喜多方駅よりバスで15分
車利用(高速道) 磐越自動車道 会津若松インター
車利用の詳細 磐越自動車道会津若松インターより26分
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 有料
(補 足) 農業体験の他 各種オプションプランあり
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類 その他
(補 足) 竹細工、そば打ち等
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類 もちつき そば・うどん打ち 調理体験
(補 足) 採れたての野菜やこの土地ならではの調理により食の楽しさを学ぶことができます。
指導員
種別 指導農業士など 普及指導員 農林漁業の組合指導者 インストラクター その他
(補 足) 体験学習受け入れ農家
宿泊施設
施設の有無 施設有り
施設がある場合の情報 近隣の旅館、ホテル、ペンション、民宿、80名ぐらいまで農泊(農家に泊まる)が可能です。
雨天・荒天の対応
対応の有無 室内プログラム有り
(補 足) 各農家がそれぞれ工夫して対応しています。
緊急時の医療機関
医療機関の有無 あり
(補 足) 市内に総合病院が4箇所。
保険加入
保険加入の有無 あり
(補足 : 保険の種類など)
障害者用施設
施設の有無 あり
施設がある場合の情報 各農家で障害者の受け入れも行っています。
トイレ
種別 男性用 0 女性用 0 障害者用 0 
(補 足) 登録農家70戸での体験のため、各農家にあります。
体験学習支援にあたっての抱負
抱負 体験のための特別メニューでなく、ハウス園芸、果樹、酪農家、野菜農家でその日に行う農家の仕事と生活をそのまま体験して戴き、ふれあいを深めて戴きます。
周辺環境
教育的配慮 ラーメンの街喜多方の市街地の周囲に広がる純農村地域で、平地、中山間、山間の様々な自然環境が広がる。ホタルをはじめ昆虫、小動物が多数生息する。また、」雄国山麓からの眺望は会津盆地北部を一望できすばらしい。
体験以外に教育的効果の期待できる施設 福島県立会津博物館、会津武家屋敷、喜多方桐博物館、裏磐梯高原の自然の良さ(五色沼、磐梯山、雄国沼など)
その他特記事項
その他特記事項 本物の体験は感動を与えます。少人数(1班6-8名)で各農家にて体験することをお勧めします。名前が覚えられる範囲で目が行き届くことが重要です。多くの父兄の方々から御礼の手紙が届き、この事業をやってきて良かったと感じる今日この頃です。

アクセスマップ