検索画面に戻る   一覧に戻る

南蔵王不忘高原牧場HallowFarmSakuma

ミナミザオウフボウコウゲンボクジョウハローファームサクマ

■代表者:
佐久間 純一(サクマ ジュンイチ) 経営主
■担当者:
佐久間 純一(サクマ ジュンイチ) 経営主
■団体・個人の属性:
農家
■連絡先:
〒989-0733
宮城県白石市福岡八宮字不忘山7‐1 
TEL:0224-24-8355
FAX:0224-24-8355
E-mail:
URL:
■体験学習支援の内容:
農業体験学習受入

■受入可能な人数:
50人/1日
体験の内容や天候により対応できる人数は変わります。

◆体験者のコメントをみる


指導体験の種類
種類 酪農
(補 足)
指導体験の実習内容
種類 搾乳 飼育管理 長期実習体験
(補 足 実習内容の説明や実習時間の概算等) 酪農体験作業を通じて命の産業である事と食並びに自然のサイクル等についても学んでもらう。
受入れ対象者
種別 幼稚園・保育園児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 もう・ろう・養護学校 家族(個人) 教員 大学(院生) 社会教育団体
(補 足) 酪農に興味のある人、体験したい人、とにかく希望する人たちは受け入れたい。
受入れ期間
時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
(補 足) 年間を通じて受け入れているが、事前に予約を願いたい。
受入れ対象地区
地区範囲 全国
地区限定の場合の対象となる地区
体験学習支援実績
開始年度 平成  年  月
前年度実績 平成 18年度 25回 延べ 700人
これまでに受け入れた団体名
交通アクセス
公共交通利用(鉄道) JR東北本線 白石駅
公共交通利用の詳細 白石駅からタクシー30分
車利用(高速道) 東北自動車道 白石インター
車利用の詳細 東北自動車道白石インターから30分
指導体験費用(ひとりあたり)
費用 一部有料
(補 足)
指導体験が可能な農林漁業・農山漁村文化体験交流活動
種類
(補 足)
収穫した食材等を使った食文化指導体験活動
種類 その他
(補 足) アイスクリーム作り、バタ−作り、牛乳を使ってのクッキー、パン焼きプリン作り等。
指導員
種別 その他
(補 足) 経営主及び家族で本物の酪農体験をサポートする。
宿泊施設
施設の有無 施設無し
施設がある場合の情報
雨天・荒天の対応
対応の有無 室内プログラム有り
(補 足) 室内プログラムあり 要相談 人数にもよるが雨天でも体験は十分可能。
緊急時の医療機関
医療機関の有無 あり
(補 足) 牧場内事故にそなえ保険に加入。
保険加入
保険加入の有無 なし
(補足 : 保険の種類など)
障害者用施設
施設の有無 なし
施設がある場合の情報 障害者でも軽度の方、あるいは介添え者がいる場合は体験させたいと思っています。動物(牛)に触れさせることは、障害者にとっても非常に良い結果になると思う。
トイレ
種別 男性用 1 カ所、 女性用 1 カ所、障害者用 0 
(補 足) トイレは1ヵ所ですが、人数によっては、母屋のトイレも使用する。
体験学習支援にあたっての抱負
抱負 農業(酪農)への理解を深めてもらい農業(農家)の理解者(応援団)になってもらいたい。動物(植物)に接することで生きること、命のあり方等を学んでもらいたい。やさしい気持ち、癒しの場の提供になれたらと思う。食べるということは命をもらうこと、食の尊さ、自然との関わりとサイクル等についてもお話したい。
周辺環境
教育的配慮 雄大な蔵王のふもと、大自然の営みの中で牛乳を生産する喜びや価値観を知ってほしい。子どもも大人もきっと気持ちが癒されるでしょう。
体験以外に教育的効果の期待できる施設 開拓地なので、戦後の開拓時代と現代を比較することも勉強になる。トレッキングや自然観察等が期待できる。
その他特記事項
その他特記事項

アクセスマップ