農業体験学習ネット
タイトル

新学習指導要領に関わる調査

調査結果 アンケート回答数:211校

問1 「生物育成に関する技術」の必修化に関連する準備について

既に授業を行っている検討・準備を行っているまだ検討・準備を行っていないその他
9.0%35.7%54.3%1.0%
図

問2 「生物育成に関する技術」の実施体制について

既に対応可能な人員体制となっている新たに人員を確保せず、現状人員で実施体制の整備を進めていく農業指導員、臨時職員等を新たに 確保して、実施体制整備を進めていくその他
1.5%83.8%6.4%8.3%
図

問3 「生物育成に関する技術」において取り組む内容について(複数回答可)

植物(作物・野菜・花き)栽培陸上動物(家畜・愛玩動物)の飼育水産生物の飼育その他
89.7%3.3%0.9%6.1%
図

問4 「生物育成に関する技術」の栽培・飼育をする施設・場所について(複数回答可)

容器栽培(鉢植・プランター・小型ケージ(移動可能))で実施学校の農園・圃場(飼育施設(鶏・ウサギ小屋))で実施農林漁家など学校外の生産現場において実施農業高校・農業大学校等他の教育機関と連携して実施その他
62.3%27.2%4.3%0.8%5.4%
図

問5 「生物育成に関する技術」の実施に当たりどのようなものがあれば良いかについて(複数回答可)

指導者のための研修機会生物育成の技術に関する指導マニュアル外部指導者や受入農林漁家等の相談・紹介情報モデル的なカリキュラムに関する情報提供その他
31.1%28.6%12.8%24.7%2.8%
図

続きを読む

トップページへ
 
農業体験学習ネット
このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします