農業体験学習ネット
タイトル

1.概要

(1)地域と学校

北上中学校の学区は、田畑が多く農業を中心としてきた橋浦・吉浜地区と海のつながりが深く、漁業を中心としてきた相川地区からなる地域である。

北上中学校は北上川河口部に位置し、美しい海や山もあり、自然環境に大変恵まれている。学校に隣接する「にっこりサンパーク」には多目的グランド、野球場、テニスコートがあり、施設・設備の面でも恵まれている。

写真

学校前景

橋浦・吉浜地区の保護者のほとんどは石巻市内の職場で働く勤め人である。相川地区の保護者の多くは、ワカメやホタテの養殖業等の漁業を営んでいる。

ほとんどの家庭が三世代同居家族であり、祖父母が農業や漁業に従事し、父母が勤めに出ているという家庭が多い。保護者や地域の方々は学校に大変協力的で、PTA活動や学校行事、総合的な学習の時間等で支援を惜しまないとのことである。

写真

佐藤泰孝校長

写真

学校で生産された自慢のもち米
「にっこり米」

図

校章

(2)教育目標と指導目標

北上中学校の教育目標は、自ら学び、主体的に判断し行動する心身共にたくましい生徒を育成することである。次の3つの生徒像を目指している。
◎進んで学習する生徒
◎思いやりのある生徒
◎健康でたくましい生徒

(3)学校経営の基本方針

学校経営の基本方針は、以下の6点に要約できる。
(1)恵まれた環境(自然、地域、施設・設備)を生かし、
(2)小規模校の特長を生かし温かい人間関係をもって、「個」への確かな目を育み、
(3)確かな学びを身につけさせる基礎・基本の徹底、意欲の喚起を図り、
(4)社会性と共に創造性を育てる「豊かな体験活動」を推進し、
(5)地域に、生徒に、そして職場に開かれた学校づくりを推進、
(6)全体の奉仕者として温かい職場で、厳格な態度で教職員の資質と指導力の向上を図ることにある。

(4)学校経営上の重点

学校教育を推進する主な重点項目及び実施上の細項目は、次の6点に要約されている。

<学力の向上を図る>

(1)基礎基本の「読・書・算」の徹底と読書の習慣化を図る。
(2)分かる授業を実践し、絶えず指導法の改善を図るための校内研修の実施。
(3)表現力を伸ばすための話す力、書く力、英会話、身体表現の指導を強化する。
(4)家庭学習の習慣化を図り、各教科・学級の連携を強める。

<総合的な学習を充実させる>

(1)人との関わり方を学び「豊かな体験活動」の拡充(福祉教育等)を図る。
(2)地域の自然、社会、文化を知ることなど環境教育の推進、伝統芸能の継承を図る。
(3)地域住民の支援と協力を拡げる「学校支援委員会」の機能を充実させる。

<思いやりの心と社会性の涵養>

(1)道徳教育の充実を図る規範意識の涵養、道徳的実践力の育成を進める。
(2)特別活動の充実を図り、一人ひとりが主役の学校行事と生徒会活動に参画する。
(3)積極的な生徒指導を進める温かい人間関係を築き、スクールカウンセラーとの連携を図る。
(4)「福祉教育・ボランティア学習」を進める総合的な学習との関連を深める。
(5)普通学級と特別支援学級との交流を深め、授業や行事・日常的な交流を強化する。

<生命尊重の教育であること>

(1)保健安全教育を強化する自己管理能力の育成を図り、交通安全指導を徹底する。
(2)あらゆる場面で道徳教育、福祉教育その他を生かし生命への畏敬の心を育てる。

<情報教育の充実を図る>

(1)情報の活用能力を培う各教科・領域その他を充実させる。
(2)コンピュータ操作技能を高める技術科・各教科に焦点をあてる。
(3)読書に親しませる全校朝読書の実施、図書委員会の活性化を推進する。

<現職教育の充実を図る>

(1)授業の質を高める校内研修、授業研究の充実を図る。
(2)生徒理解に努める生徒指導全体会・職員会議等あらゆる場で研鑽する。
(3)教職員・社会人として視野を広げる校外の研修会へ積極的に参加する。

続きを読む

トップページへ
 
農業体験学習ネット
このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします