農業体験学習ネット
高校生
体験学習 実践・研究報告のトップへ
(1) 普通科生徒の栽培実践と教育的効果
(2) 高校生の「心の居場所」と園芸植物
(3) 学びを生かす「農業教育と園芸療法ボランティア」
出典 『農業学習の教育効果に関する総合的研究』
執筆 吉田 宏(奈良県立御所東高等学校教諭)
協力 日本農業教育学会

1 栽培学習が必修の普通科高校

 奈良県立城内高等学校は、奈良県北部、大和郡山市の中央に位置する。郡山城の跡地にあり、校舎から見る景色は大変すばらしい。特に春は桜が満開となりお城祭りが開かれ、生徒たちは桜のトンネルをくぐるようにして通学している。
 同校は全日制の普通科高校で現在は各学年5クラス、生徒数594名の小中規模校である。卒業後はほとんどが進学する進学校である。1977年に郡山農業高校から城内高校に改称し、普通科高校として再出発を果たした。当時より郡山農業高校から受け継いだ農場施設を生かし、勤労体験学習の一環として栽培学習に取り組んできた。
 普通科高校に改称時、隣にある同じ県立の普通科高校との違いを明確に示す必要があり、教育課程に必修単位として教科「農業」の一科目である「草花」を2単位設けることで、農業高校の伝統を受け継ぎ、これを特色としてきた。現在は「総合的な学習の時間」の中で「草花学」として栽培学習に取り組み、「農業」という教科名は消えたものの、伝統は続いている。このように、普通科高校でありながら栽培学習を全員必修という形をとっているのは珍しい。
 私は1994年4月から2000年3月まで同校に勤務し、栽培学習に取り組んできた。ここでは、当時の取り組みの様子、生徒・保護者の反応、教育的効果について若干の検討を加えて報告する。

2 実施内容

(1)教育課程内

2002年入学生まで
第1学年時
科目「草花」2単位必修(12時間の時間外必修含む)
第3学年時
科目「草花」2単位選択
現在
第1学年時
「総合的な学習の時間」2単位
「草花学」「お城学」「ボランティア学」「国際交流学」の4領域を学ぶため、実質的な単位数はかなり少ない。「草花学」には12時間の時間外実習が含まれる。

(2)学校行事等

8718(花一鉢)運動
通学でいつも利用している駅や、安全を見守っている警察・消防署などに草花のプランターや鉢植えを配布している。
園芸部・APJ(城内奉仕団)活動
専門的な部分は園芸部の部員が中心となり、APJの団員と一緒にお年寄りや保育園児との交流、福祉施設への草花苗の配布などを行った。
老人ホームでの交流
老人ホームの裏庭でお年寄りといっしょにキュウリ栽培を行った。また、学校で育てた草花苗を提供し花壇やプランターの手入れも行った。
保育園との交流(収穫体験・草花遊び)
園芸部・APJが中心となり、全校生徒に参加を呼びかけた。キュウリの収穫期に園児を招待し収穫を行った。校内にはクヌギ・コナラ・アラカシが多数自生しており、秋にドングリ拾いとドングリを使ったおもちゃ作りを園児とともに行った。
福祉施設への草花苗の提供
奉仕等体験学習HRで日ごろお世話になっている施設に草花苗を提供し、花壇の手入れやプランターの配布を行った。

3 年間計画

 年間の計画を表に示した。
学期 1年草花 3年草花 特別活動
1 4 キュウリ栽培
オリエンテーション
播種
発芽率の計算
シンビジウムの株分け・鉢替え
デンドロビウム鉢替え
ハイビスカスの鉢替え
園芸部:1年校舎周り草花プランター前年度より準備
園芸部:畦立て、各種野菜・サツマイモ定植
5 観察記録の方法
畦立て
定植
各器官の観察
春まき草花の播種
日本庭園設備
ゴムノキ取り木前年度分鉢植え
宿根草株分け
洋ラン・クンシラン施肥
クロマツ盆栽芽切り
春まき草花ポット上げ
園芸部:春まき草花の播種・ポット上げ
APJ:老人ホームにてキュウリの定植
6 中耕・除草・追肥
支柱立て
雄花雌花の観察
果実の成長の観察
子づる摘み
秋植え球根掘り上げ
パフィオペディラム株分けと鉢替え
クッシュマム等さし木
春まき草花プランター植え
サツキの剪定
園芸部:春まき草花プランター植え
APJ:老人ホームにてキュウリ支柱立て・春まき草花花壇プランター植え
8718運動
7 中耕・除草・追肥
収穫持ち帰り開始
収穫記録開始
サツキの剪定
クッシュマム等ポット上げ
カキ摘果
園芸部:夏野菜の収穫、ヒマワリ播種
APJ:老人ホームにてキュウリ収穫・本校農場にて保育園児キュウリ等収穫体験
夏休み 8 キュウリ片付け
ハクサイ栽培
播種
間引き
  園芸部:夏野菜の収穫、ハボタンの播種
全校生徒:草刈り
2 9 畦立て
定植
観察記録の方法(葉数・直径等)
中耕・除草・追肥
アナナス(さし木した分)鉢上げ
ゼラニウム古葉摘み
トレニア剪定施肥・シダ類株分け
ヘデラ・ポトスさし木
秋まき草花の播種
園芸部:サツマイモ掘り、ハボタン定植、秋野菜定植、秋まき草花の播種、根菜類播種
文化祭:焼芋・鉢物販売
10 中耕・除草・追肥
堆肥積み
害虫の観察・捕殺
ゴムノキの取り木
ランタナ等さし木
秋植え球根プランター植え
秋まき草花ポット上げ
カイヅカイブキの刈り込み
園芸部:秋まき草花のポット上げ、根菜類播種・間引き
11 展開葉と決球葉の観察
収穫持ち帰り
各種樹木刈り込み、剪定
カキの収穫と試食
園芸部:秋野菜収穫、秋まき草花施肥、根菜類間引き・収穫
APJ:本校農場にて保育園児草花遊び
奉仕等体験学習HR:花壇整備
12 畑片付け 日本庭園の整備
シンビジウム支柱立て
園芸部:秋野菜収穫、収穫祭
1年生:中学校訪問、自分たちで育てた鉢物をお土産に
3 1 教室にて講議
植物の体のつくり
※生物IBの内容に触れる
日本庭園の整備
秋まき草花鉢上げ・プランター植え
カキ剪定
8718運動
2 植物の成長
※生物IBの内容に触れる
クロマツ・ゴヨウマツ盆栽の葉抜き
秋まき草花、秋植え球根施肥
樹木施肥
園芸部:シンビジウム・デンドロビウム交配
3   盆栽類施肥
秋まき草花、秋植え球根施肥
園芸部とAPJ:施設訪問花壇整備
園芸部:卒業式花装飾
草花は、時間外実習(12時間)があり、キュウリやハクサイの世話はもちろんのこと、草花や鉢物、盆栽、果樹など季節・時期に応じて様々な作業を行っている。
現在は、「総合的な学習の時間」で学習する4領域の一つの「草花学」として行われているため、実質的な時間数はかなり減少している。
戻る 進む
 
農業体験学習ネット
このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします