農業体験学習ネット
小学生
体験学習 実践・研究報告のトップへ
(1) 小学校での栽培学習の実践とその教育内容
(2) 学外の稲作体験による児童の自然に対する感情・認識の変化
(3) 小学校の発達段階に応じた農業体験学習の効果
出典 『農業学習の教育効果に関する総合的研究』
執筆 森山 賢一(常盤大学人間科学部)
河嶋 喜矩子(京都教育大学教育学部附属幼稚園)
協力 日本農業教育学会
 学校教育に栽培学習を取り入れることは、近年の体験学習の推進の動きや、小学校での生活科の定着、「総合的な学習の時間」の導入により増加傾向にある。ここでは、小学校での植物の栽培学習を取り入れた授業やクラブ活動での実践をもとに、カリキュラム編成とその教育内容について考察し、校内での体系的な栽培学習のあり方について明らかにした。栽培を通した学習の中で、産業としての農業活動を体験し、栽培技術を学ぶことで、植物の成長に関心を抱いたり、自然との結びつきを深めることができた。今後は、栽培学習を食と健康や環境にわたって体系化することが課題であり、さらに研究を重ねる必要がある。

1 栽培学習の体系化の重要性

 栽培を通した学習は、農業をはじめ、食、生命、生活、健康といった広い領域にわたって学習できる特徴をもっており、人類の抱える今日的課題を包含している。このような背景も伴って、教育に栽培学習を取り入れる学校が増えている。これは具体的には、近年の体験的学習の推進の動きや、小学校での生活科の定着、2002年度からの「総合的な学習の時間」の導入(高等学校は2003年度から)によるものである。
 たとえば、小学校学習指導要領第1章総則第3の総合的な学習の取り扱い5「学習活動に配慮するもの」に次のような記述がある。
 「(1)自然体験やボランティア活動などの社会体験、観察・実験、見学や調査、発表や討論、ものづくりや生産活動など体験的な学習、問題解決的な学習を積極的に取り入れること。」(注1)
 学校教育全体に栽培学習を積極的に取り入れるということは、栽培学習の特色上、さまざまな教科の学習内容と関連し、教科の枠を超えて教科横断的な学習に多様な展開がなされるのである。
 しかし一方では、特に従来、栽培学習を積極的に行ってきた教科理科と「総合的な学習の時間」での学習内容が重複するケースが生じたり、各学年間の栽培学習の内容が関連性を踏まえずにそれぞれ個別に実施されたりといった実践上の問題も浮上してきた。このような諸問題の展開によっては、教育的に大きな意味をもつ栽培学習が本来の使命を果たすことができなくなる可能性をはらんでいる。
 したがって、学校教育の中で栽培学習をよりよい形で展開するためには、「総合的な学習の時間」を軸にした教科間の有機的関連、さらに、各学校での学習の体系化を考える視点が重要である。
 これらのことを踏まえて、ここでは、慶應義塾幼稚舎での栽培学習を取り入れた教科理科・総合学習・クラブ活動の実際とその教育内容について考察し、校内における体系的な栽培学習のあり方の基礎的な資料を提示したい。

2 カリキュラムと教育内容

(1)教科理科との関連

 理科教育を進めるうえで観察や実験はきわめて重要である。小学校学習指導要領にも次のような記述がある。
 「自然に親しみ、見通しをもって観察、実験などを行い、問題解決の能力と自然を愛する心情を育てるとともに自然の事物・現象について理解を図り、科学的な見方や考え方を養う。」(注2)
 以上のような目標に基づいて、植物の栽培を取り入れた授業を実践している。
 3学年から6学年までの間に、プランターや畑(理科園と呼んでいる)で、主にスケッチをしながら観察力を身につけさせ、継続して一人一人がその季節や時期にあった植物を育て、一つのことを成し遂げるように指導している。また、成長調べの小単元では茎の長さ比べや収穫した作物の重さ比べをして科学的な知識も養っている。栽培形態は、個人、班単位、クラス単位とさまざまな形態を用意し、子どもたちの興味と関心が継続するように配慮している(表1)。
表1 教科理科においての栽培作目および学習活動
 年  学期
草 花 野 菜 方法 形態 学習活動
 


















































●プランター
○畑
個 人


種まきから除草、水やり、追肥、収穫までを通して学習する。
1年 1学期
2年 1学期
3年 1学期
2学期
3学期
4年 1学期
2学期
3学期
5年 1学期
3学期
6年 1学期
2学期
                         
                       
                   
                 
                       
                 
               
                       
                     
                       
                       
                       
プランター
プランター
プランター
 
プランター
 
プランター
 
 
個 人
個 人
クラス
 
クラス
 
クラス
 
クラス
 
スケッチ
スケッチ・試食
スケッチ・種とり
スケッチ
 
スケッチ・生長調べ
スケッチ・生長調べ
 
スケッチ・生長調べ
 
取れた作物から
デンプン実験

(2)総合学習との関連

 カリキュラムの中に1学年から「総合」という教科を位置づけ、その中で栽培学習を取り入れている。特に1学年と2学年では一人ひとつずつのプランターを設けて、アサガオやエダマメの栽培を行っている。
 1学年の栽培では、自分の手で実際にアサガオの種をまき、水やりなどの栽培体験を通して、花を咲かせることがテーマとなる。その活動は、観察日記を毎日つけたり、スケッチをしたりと様々である。
 2学年のエダマメ栽培では、プランターに5粒の種をまき、その成長を観察、スケッチさせている。また、成長の過程でカラスなどの鳥にプランターを荒らされてしまい、クラスみんなでどのようにしたら守っていけるのかを討論したり、成長の途中でエダマメ同士が競合してしまい、そのために間引きをしたりと、一人一人の栽培中に起こる出来事にも柔軟に対応している。収穫後は茹でて試食をし、商店で販売しているものと味覚の違いや色・形の違いを比べさせる学習も取り入れている。

(3)クラブ活動との関連

 クラブ活動(児童活動)の中でも栽培学習を取り入れている。「生き物の世話係」と「園芸の会」とよばれるクラブが存在し、3学年から6学年までの希望する者が自由に参加できる機会を設けている。その内容は、教科での栽培学習からステップアップさせた形で活動を行っている。各学期ごとに子どもの育ててみたい野菜や草花をあげ、その中から時期を見て作目を選択している。栽培にはプランターと畑(理科園)を使用している。
 平成13年度は「生き物の世話係」が、1学期に10作目、2学期に14作目を栽培している(表2)。
表2 クラブ活動での栽培一覧(生き物の世話係)
学期 栽培作目 方法
1学期 サトイモ、ジャガイモ、ナス、トウモロコシ(ポップコーン)
エダマメ、インゲン
キュウリ、トマト、ミニトマト、エダマメ、メロン プランター
2学期 ダイコン、シュンギク、コカブ、ホウレンソウ、チンゲンサイ
コマツナ、ビタミン菜、ツマミナ
ニンジン、サニーレタス、赤カブ、ホウレンソウ、シュンギク
コカブ、ダイコン、ハツカダイコン、ツマミナ、チンゲンサイ
コマツナ、細ネギ
プランター
戻る 進む
 
農業体験学習ネット
このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします