農業体験学習ネット
タイトル

香川大学教育学部附属高松中学校について

 香川大学教育学部附属高松中学校(以下「高松中学校」という)は、創立以来、師範学校の附属中学校として研究活動、特にカリキュラム開発を行ってきた学校であるが、平成3年からは文部省の研究開発学校の指定を受け、「人間科」「共生科」等の新しい教育課程の開発に取り組んできている。

 農業体験学習は、第1学年「人間科―自然的存在としての人間―」の中の一部として取り組まれており、農業技術の習得や収量の向上ではなく、考えることおよび感じ取ることを重点に人間教育として行われている。したがって、職業教育としての農業という意識は、この学校の生徒のほとんどが高等学校普通科に進学する県内有数の進学校という事情もあって、先生、生徒の双方とも希薄である。

 ただ、生徒は家業が農家ではなく県内有数の進学校だからこそこの授業は必要であり、保護者、生徒にも評判の良い授業と承ってきた。店では売っていない大きくなりすぎたキュウリを大切に家に持って帰るという。農業体験学習は中学1年生のみの1年間であるが、2年生、3年生になっても学校農園に感心を持っていて見に来る生徒もいると聞いた。

 職業としての農業はもちろん重要であるが、将来の職業として意識していない高松中学校生徒の感想文を見るにつけ、このカリキュラムを「人間科」と名付け、農の営みの中から多くのことを考えさせ、人間教育のひとつの柱として高松中学校の関係者の皆様の努力が理解できた。

(佐藤保隆 記)

MAP
問い合わせ先:
香川大学教育学部附属高松中学校
1年3学級、2年3学級、3年3学級
生徒数361名、教職員33名
香川県高松市鹿角町394
電話 087-886-2121  FAX 087-886-2124

 

生徒の日常生活について

 高松市街中心部から高松空港方向へ約5km入った国道沿いの都市近郊に立地している。香川県でも有数の進学校であり、生徒は県内のいたるところから通学している。中には、島嶼部からフェリーとバスを乗り継いで遠方から通学している生徒もいる。また、塾に通っている生徒も多く、学校の帰りは塾に直行し、帰宅が9時、10時になる生徒も少なくない。

 このため、生徒の学力は高いが、勉学に多くの時間をとられ保護者との会話が概して少なくなる傾向があると聞いている。生徒の多くは小学校入学時、中学校入学時に厳しい受験を経験している。多くが普通科高校への進学をめざし、その後の大学受験を意識した学生生活を送っている。

対象学年及び教育課程上の位置付け

 高松中学校は、香川大学教育学部の附属中学校としての位置付けもあって、これまで新しいカリキュラムの開発に取り組み、「社会や自然の諸問題・諸事象に目を向け人間の様々な姿を理解し、自他のあるべき姿を求め続ける人間の育成」を目標とする「人間科」の創設・実施に努力してきた経緯がある。

人間科では考えること、考える力を養う

 人間科は学年を通じて総合的な学習の時間(39時間)で実施されているが、農業体験学習は、主に「自然との係わりを学ぶこと」を柱として中学1年生の前半(4〜9月:16時間)に実施されている。

 このような「人間科」という教育課程上の位置付けもあって、農作物を上手にたくさん作るということではなく、一生懸命に作業しても必ずしも立派に収穫できるわけではないことを意識して教えることや考える力を養うことに力を入れている。特に、農作物の収穫は、知識だけでも体験だけでもダメであり、両者のバランスが重要である。上手くいかなかったとしても、「上手くいかなかった」理由を考えさせることにより今後の学習につなげたいとしている。

昨年の経験により本年を工夫する

 昨年は雨が多く、作物の冠水被害が大きかったため、本年は高畝栽培とした。また、雑草の繁茂を避けるため高畝をマルチで被覆した。本年は干ばつ気味に経過したが、当番の生徒のペットボトルでの水やり程度で水分の蒸散と雑草の繁茂が抑えられ、各作物ともに豊作となった。

ほ場条件等

 学校のグランドに隣接する農家の水田(400平方メートル)を近隣の農家から無償で借り受けている。耕耘は子ども達には無理だしその時間も体力もないので、農業の経験のある先生がトラクターを地主さんから借りて行っている。

写真

農業体験学習(苗植え)

指導に当たる先生について

 高松中学の1年生の学年主任とクラス担当の教員3名とが指導に当たっている。特に経験豊富な先生が担当しているわけでもなく、農協や農家に指導を仰いでいるわけでもない。栽培管理等については、過去の記録とインターネットを活用し、生徒と一緒に悩みながら行っている。

 なお、香川大学教育学部附属高松中学校の先生方は、香川県教育委員会との人事交流で高松中学校に勤務しており、もともとの採用は校長先生以外は香川県の職員とのことである。(続きを読む

写真

サツマイモの収穫

生業トップページへ
 
農業体験学習ネット
このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします