農業体験学習ネット
タイトル

農薬

■ 農薬の種類

菌剤
病原菌の繁殖を予防したり、病原菌を殺す作用があります。

殺虫剤
害虫の発生を予防、害虫を殺す作用があります。

除草剤
雑草の発生を防ぎ、雑草を枯らします。

ホルモン剤
作物の生理をコントロールします。

生物農薬
天敵や微生物の拮抗作用を利用した病害虫防除のこと。

 農作物に農薬が使われはじめた歴史は古く、昔は除虫菊など天然由来の物質で防除をしていました。技術の進歩で天然由来の物質が化学合成されるようになり、今では化学農薬が主に使われています。過去には何にでも効くような農薬がありましたが、健康・環境汚染が叫ばれ、病害虫の種類ごとに製造し、残留のより少ない農薬の開発が進みました。しかし農薬の使いすぎや不適当な使用は、私たちの健康や環境に悪影響を及ぼします。現在に於いては安全性の確保された農薬が流通していますが、慎重な取扱いが望まれます。

殺菌剤 ホルモン剤 散布器

殺菌剤

ホルモン剤

散布器

■ 農薬の散布方法

 農薬の形状には液体・粉状・粒状のものがあります。液体と粉状の農薬は水で薄めてスプレーや噴霧器を使い散布します。粉状の農薬にはそのまま散布するものがあります。粒状のものはそのまま土壌にまく使い方をします。

続きを読む

トップページへ
 
農業体験学習ネット
このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします