農業体験学習ネット
タイトル

病害虫について

■ 病原菌による分類

 栽培は植物が広い範囲に同じ作物が育つという、自然の中とは異なる環境で行われます。そのため特定の病害虫に侵されやすくなります。作物を病気から予防しまた治療することを「防除」と呼びます。病気にかかった場合は蔓延を防ぐために早めに抜き取ります。

 病気の原因は糸状菌(カビ)や細菌、ウイルスなどの微生物です。空気中や土壌に普通に存在しています。作物は自ら病気を防ぐしくみを持ち合わせているので、作物の栽培に適した環境が保たれると病気にはかかりにくくなります。ですが高低温・多湿状態・日照不足など異常な環境に遭遇すると病気にかかりやすくなります。病原菌は水や空気を伝わり気孔や傷口から体内に入り細胞の栄養を奪い繁殖します。

■ 病原菌による分類

糸状菌(カビ)
 作物の病気を引き起こす中で圧倒的に多い病原菌です。
種類:ベト病、疫病、灰色カビ病、うどんこ病など

細菌
 数は少ないが感染してからの治療が難しいのが細菌です。種子伝染や土壌伝染を伴うものもあり、防除は困難です。 種類:青枯病、軟腐病、斑点細菌病など

ウイルス
 野菜にウイルスが侵入すると防除は困難です。たねの生産の段階で抵抗性をもたすことで防いでいます。 種類:タバコモザイクウイルスなど

■ 連作障害と土壌病害

 効率を求め同じ土壌で繰り返し同じ作物を栽培すると、土の中の栄養と微生物のバランスが崩れ病気にかかりやすくなります。このような原因で病気が発生し、作物の生育が悪くなることを「連作障害」と呼びます。そしてその病気を引き起こす微生物を土壌病原菌と呼び、土壌病原菌によっておこる病気を土壌病害と呼びます。

■ 病気の発生時期と場所による分類

苗立枯れ病

生育初期

苗立枯れ病
発芽直後から地際が軟化し茎がくびれて枯れてしまう病気です。多湿条件で発生します。水管理に注意します。

生育中期

灰色カビ病1
灰色カビ病2

灰色カビ病
咲き終わった花びらから病気が発生します。葉に灰色のカビが密生します。果実のへたが侵されると、果実は腐敗します。多湿条件で発生します。敷わらやマルチを行い、風通しの良い環境で栽培します。

菌カク病

菌カク病
やや低温の多湿条件で発生します。連作により多発します。黒い塊の菌核ができます。敷わらやマルチを行い、風通しの良い環境で栽培します。

生育後期

苗立枯れ病

疫病
低温で雨天が続くと発生します。発病が激しいときは数日で畑全体に広がります。発病すると著しく収穫量が減ります。

苗立枯れ病

うどんこ病
小麦粉をかけたような病斑ができます。しだいに葉全体に広がります。高温・乾燥下で発生します。

■ 害虫

 作物の様々な部分に発生します。葉・茎・根・果実などを食べる食害と、ウイルスを媒介する害があります。生育の初期に食害にあうと枯死します。成長したあとでも、食べる部位が食害されると収穫が出来ないこともあります。

タネバエ
ハエの幼虫ウジ虫で、大粒のたねや幼い苗の地際を食害します。低温で発芽が遅れるときや、苗の根付きが悪いときに被害が大きくなります。

アブラムシ
葉の裏側に群がって寄生します。葉の汁を吸って粘る液を排泄します。ウイルス病を媒介するので注意が必要な害虫です。

ネキリムシ
蛾の幼虫で夜に土の中から出てきて作物の地際を食べます。生育初期のやわらかい茎を好みます。野菜が地際から倒れているので被害に気がつきます。

アオムシ
モンシロチョウの幼虫で体長1〜3の害虫です。アブラナ科の野菜に良く付きます。多く発生すると葉脈だけを残して葉がレース状になることがあります。

続きを読む

トップページへ
 
農業体験学習ネット
このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします