農業体験学習ネット
タイトル

作物の栽培

 人類の歴史で狩猟中心の生活から農耕をはじめるようになり作物が誕生しました。農耕文化の発達と共に作物の種類は増え続けます。最初は世界各地、地域固有の環境から生まれた植物でした。人類は生産の効率化を求めこの野生種を様々な特性に改良します。このたねを改良することを「育種」と呼びます。また人の交易により原産地から世界各地へとたねが伝播することになりました。

 日本でつくられている作物で日本が原産のものは少ないです。殆どの作物の原産地は世界各地です。その原産地の違いによって、それぞれの作物に育ちやすい環境があります。乾燥した天候を好むもの、逆に雨を多く必要とする作物もあります。暑さ寒さにも好みがあります。養分の必要量にも違いがあります。土壌の養分は常にバランス良く含まれていることが必要です。作物の特性を活かしつつ、環境を人の手でコントロールして育てることを「栽培」と呼びます。

 

図

トマトの中でもミニトマトは原種に近いと言われています

続きを読む

トップページへ
 
農業体験学習ネット
このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします