農業体験学習ネット
タイトル

作物の栽培における気象的要素

 作物が育つために必要な気象的要素には光・大気・水・温度があります。

 光合成では太陽光のエネルギーを使って炭水化物を合成します。光合成には二酸化炭素と水が必要で、炭水化物(デンプンなど)をつくり酸素を放出します。また大気中に一番多く含まれる窒素は、生物の重要な栄養素であるタンパク質を構成しています。作物に必要な土壌の水分は、降雨や地下水によって供給されます。水はおもに作物の根が土壌から吸収します。作物の温度に対する適応はおおよそ0℃から40℃の間です。

 太陽の光が土壌を暖め、地表の大気は風を生み、水蒸気は大気と共に循環し恵の雨を大地にあたえてくれます。このように光、大気、温度、水という気象的要素は密接に絡み合って、作物の生育に関与しています。

図

栽培に適した土の分布

続きを読む

トップページへ
 
農業体験学習ネット
このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします