第4章 >> 2. 支援体制の活用

(2)農業教育支援団体等による支援・協力の内容

 農業体験学習を行うためには、農業の現場からいろいろな教材を調達する必要があります。その内容は、「農地等の確保の問題」「生産資材の調達問題」「農作業機具の調達問題」「栽培技術等の支援問題」に大きく区分けできます。農業体験学習特別委員会では、学習のねらいや学習内容に応じて、どのような支援・協力が得られるのか、その可能性を確かめることから進める必要があります。

農地等の確保
区分 体験学習の内容 協力農業関係者
作物の栽培を体験する農地の確保
水稲栽培、野菜栽培、花づくり、果樹栽培等 農家(青年農業者・指導農業士等)PTA (農家)
農作業の一部を体験する農地の確保
稲刈り、いも掘り、みかんの収穫等 農家、農業大学校、農業高校、
仲介機関:地域農業改良普及センター、農協、市町村、農業委員会
指導技術等の支援
区分 支援内容 支援協力機関
体験プログラム指導 年間作付け計画の作成 普及センター
栽培技術指導 栽培技術や作業の指導 普及センター、農協、農家
農産物活用指導 調理、加工等の指導 普及センター、農協、農家
学習会 生徒並びに教師 農業大学校、農業高校、農業試験場、普及センター、農家
資金支援 助成金並びに事業 市町村、青年農業者育成基金


第4章 支援方法と支援体制の活用

1. 接客法(受け入れ側)

2. 支援体制の活用
(1) 農業体験学習と協力・支援組織
(2) 農業教育支援団体等による支援・協力の内容
(3) 農業体験学習の形態と支援体制
(4) 協力・連携のための基本計画
(5) 農業教育の支援機関と支援者

このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします