第4章 >> 1. 接客法(受け入れ側)

(3)人的サービス

 受け入れ側の人的サービスは、「初めよければすべてよし」のとおり、参加者との出会いから始まります。温かく、思いやりのあるサービスにつとめ、笑顔で話すようにします。見だしなみ、態度・表情、注意と心得が三要素です。

身だしなみ 頭おおいから服装や身だしなみは常に清潔感のあるものを着用し、名札をつけ、ユニホームなど着用すると好感が持てます。
態度、表情 態度、表情 笑顔は絶やさずに接し、あいさつは早めに、相手の顔を正面で見て名前を呼ぶと親しみが湧いてきます。
注意や心得 注意や心得 お客様のプライバシーは守り、入室時のノック、退室時のあいさつ、非常口や避難経路、消火栓の確認もするようにします。


第4章 支援方法と支援体制の活用

1. 接客法(受け入れ側)
(1) 接客の流れ
(2) 接客の内容
(3) 人的サービス
(4) 管理的サービス

2. 支援体制の活用

このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします