第4章 >> 1. 接客法(受け入れ側)

(1)接客の流れ

 農業・農村体験学習の効果を高めるため、受け入れ側の参加者に対するもてなし方など、接客方法と内容も大きな要素となります。活動内容の充実も大切ですが、細かい配慮や思いやりの心を常に持ち、参加する者の立場で対応するようにします。

問合わせ ─農業・農村体験学習の種目や内容、受け入れ状況、時期、料金など詳細に説明
                    
予約 ─家族か団体か、団体の種別、人数、構成員など正確にメモしながら受付
                    
資料 ─活動内容、地図、料金、申込書など掲載されている案内資料を送付
                    
出迎え ─大切な初めての出会い、玄関から部屋まで笑顔で荷物を運びながら案内
                    
入所 ─受付後、部屋の位置、避難口の説明、体験活動の要望や食事の準備など聴取
                    
退所 ─部屋からの荷物運び、忘れ物点検、玄関まで案内して荷物返却、精算
                    
見送り ─関係者大勢で玄関前で見送り、再開を約束、手作りの土産品を手渡し、謝意


第4章 支援方法と支援体制の活用

1. 接客法(受け入れ側)
(1) 接客の流れ
(2) 接客の内容
(3) 人的サービス
(4) 管理的サービス

2. 支援体制の活用

このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします