第2章 >> 5. 生活資材や農作業用具の調達

(1)必要な生産資材や農作業用具とその調達法

 必要な生産資材、農作業用具の種類は、農業体験学習の内容によって異なります。生産資材、農作業用具によっては、価格の高いものや使用にあたっては特別な技能や資格を必要とするものがありますので、農業改良普及センターや農業協同組合で相談しながら調達方法を決定することが望ましいでしょう。
 必要な生産資材・農作業用具の価格、使用にあたっての技能・資格の有無、実際に作業を行う人(生徒、教師、支援農家等)等を考慮しながら、予算に応じて購入するもの、農家や関係機関から借用するもの、あるいは農家などに作業を委託するものについて決定します。
 購入したい生産資材、農作業用具は、農業協同組合などでほとんど購入することができますので農業協同組合の営農指導部門または購買部門に相談してください。
 また、生産資材や農作業用具は種類が豊富ですので、予算面も併せて関係機関に提示し、相応のものを調達できるように協力してもらいましょう。

農業体験学習の全体計画の検討の中で、必要なものをリストアップし、調達方法を紹介します。
生産資材、農作業用具 調達法
堆肥、肥料、用土、種、苗、ロープ、ひも、針金、ポリマルチ(土を覆うフィルム)、袋、軍手等の消費的な資材 比較的価格が安価であり基本的に購入になりますが、堆肥など支援農家の好意により無償提供していただける場合もあります。
支柱、被覆ビニール、鉢、プランター等の耐久資材 数が少なければ関係機関や支援農家から借用するという方法もありますが、基本的に購入になります。
ビニールハウス用資材(鉄パイプ等)やガラス温室等ハウス資材一式 これらの資材は高額になりますので、支援農家のハウス資材を借用したり、ハウスそのものの一部を借用するなどの方法が現実的です。
移植ごて、鎌、鍬、スコップ、鋏、収穫かご、バケット等の小農具 数が少なければ関係機関や支援農家から借用するという方法もありますが、基本的に購入になります。
耕運機、トラクター、収穫機、管理機、トラック等の農機具 高額な機械であり、また運転には高度な技能や資格・免許が必要になりますので、関係機関や支援農家に作業そのものを委託することが望ましいでしょう。
 なお、病害虫防除作業のための農薬や防除機の調達についても、安全面への配慮から支援農家に委託するのが得策です。


第2章 体験学習の準備と計画

1. 体験メニューを作る(受入側)

2. わが村の学びのメニューとテキストをつくる(受入側)

3. 全体計画を立てる

4. 体験プログラムをつくる

5. 生活資材や農作業用具の調達
(1) 必要な生産資材や農作業用具とその調達法
(2) 購入または借用する生産資材や農作業用具の数量決定

6. 土づくりと作物の選定

このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします