第2章 >> 3. 全体計画を立てる

(4)農業体験学習全体計画の例「緑心いっぱい計画」

1) 学校名:真備町立二万小学校
岡山県吉備郡真備町
2) 概要
 真備町の南端に位置し、地形の大半は丘陵地で、斜面はぶどう畑。中央を流れる小田川の支流二万谷川沿いに水田と集落があり、兼業農家が多い。昭和50年代初め、水島工業地帯のベッドタウンとして住宅用地ができ、教育に対する関心は強い。明治20年設立、学級数6、児童数104名。
3) 教育目標
 豊かな人間性と実践力に富んだ児童の育成
4) 農業体験学習の取組み
 恵まれた自然環境を生かし、学級の友達や異年齢の友達とともに、試行錯誤しながら作物や花を栽培していく体験的な活動を充実させ、豊かな心をもち、たくましく生きる児童の育成をはかりたい。栽培活動をとおして、生命を大切にする心の育成を目標にし、低学年では作物や花にも生命があることを気づかせ、中学年では自分や友達の生命を大切にすること、高学年ではすべての生命を大切にすること等、学年別ねらいを設定して実践に取り込んでいる。
5) 全体計画




第2章 体験学習の準備と計画

1. 体験メニューを作る(受入側)

2. わが村の学びのメニューとテキストをつくる(受入側)

3. 全体計画を立てる
(1) 農業体験学習の全体計画
(2) 全体計画の内容と構成
(3) 全体計画案の留意点
(4) 農業体験学習全体計画の例「緑心いっぱい計画」
(5) 全体計画の形式の例(中学校)

4. 体験プログラムをつくる

5. 生活資材や農作業用具の調達

6. 土づくりと作物の選定

このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします