第2章 >> 3. 全体計画を立てる

(2)全体計画の内容と構成

 農業体験の全体計画は、学校教育目標を具現化する活動の一つとして計画化されますが、学校教育目標に「努力」とか「創造」など抽象化された表現で掲げられた場合、具現化のため努力目標としては“学校生活の全領域をとおして児童の発言を大切にし、創造性を高め…”となり、目標達成の方策には“体験学習を重視し、創造力を培い…”と受け、農業体験学習の指導目標では「自然や動植物とふれ合い、作物栽培や農作業をとおし、自然や人とかかわり、課題発見・解決につとめ、自ら学び考える力を育てる」など学校教育目標と一体化されるような配慮が必要となります。


第2章 体験学習の準備と計画

1. 体験メニューを作る(受入側)

2. わが村の学びのメニューとテキストをつくる(受入側)

3. 全体計画を立てる
(1) 農業体験学習の全体計画
(2) 全体計画の内容と構成
(3) 全体計画案の留意点
(4) 農業体験学習全体計画の例「緑心いっぱい計画」
(5) 全体計画の形式の例(中学校)

4. 体験プログラムをつくる

5. 生活資材や農作業用具の調達

6. 土づくりと作物の選定

このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします