第2章 >> 2. わが村の学びのメニューとテキストをつくる(受入側)

(6)村のカレンダーをつくる

 農業・農村空間はまるごと学びの場になります。しかも1年中体験学習が可能です。作物や草花がいっぱいの夏や秋だけを学びの場と考えず、1年すべてが学びの場になるように、テーマごとに村のカレンダーをつくりましょう。

・畑の作物カレンダー(種まきから収穫まで)
・田んぼの農作業カレンダー(土づくりから収穫まで)
・山の樹木カレンダー(芽ぶきから落ち葉まで)
・村の生活カレンダー(祭りや年中行事)
・川の生き物カレンダー
・海のお魚カレンダー







第2章 体験学習の準備と計画

1. 体験メニューを作る(受入側)

2. わが村の学びのメニューとテキストをつくる(受入側)
(1) 村を構成する空間要素を把握する
(2) 空間要素の知識をまとめて整理する
(3) 屋敷配置図を作る
(4) 村のマップをつくる
(5) 村の名人マップをつくる
(6) 村のカレンダーをつくる
(7) カリキュラムを試作してみる

3. 全体計画を立てる

4. 体験プログラムをつくる

5. 生活資材や農作業用具の調達

6. 土づくりと作物の選定

このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします