第1章 >> 5.都会の子どもたちの受け入れ

グリーン・ツーリズム

 農村と都市が相互に補完し合い、共生することにより、都市住民に芽生えた余暇活用や農村空間への想いを実現できるグリーン・ツーリズムが提唱されるようになりました。
 グリーン・ツーリズムは「緑豊かな農村地域において、その自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動」とされ、西欧諸国の都市の人々に広く定着している運動です。
 日本でも「心の豊かさ」を重視する傾向が強まり、都市の住民が農山村でゆとりある生活を体験し、真の豊かさを実現する運動として進められるようになりました。
 グリーン・ツーリズムは大規模な開発はせず、地域資源を最大限に活用し、心のふれ合いを大切にし、農山村の自然や社会を育てることを重視します。

グリーン・ツーリズムのもたらすもの
農業・農村体験学習の受け入れ側は、子どもたちに一過性の楽しみではなく、農山村の自然・生活・文化が味わえ、人と心の交流が深められるような活動内容を提供するようにしましょう。



第1章 農業・農村体験学習の教育的意義

1. 魅力ある農業・農村体験学習

2. 農業・農村体験学習のねらい

3. 学校教育と農業体験学習

4. 農業・農村体験学習の活動内容

5. 都会の子どもたちの受け入れ

このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします