第1章 >> 1. 魅力ある農業・農村体験学習

(2)農山村が教育の場として注目を集める

 次代を担う青少年の健全育成の視点から、学校教育や地域における学校外教育、社会教育の活動領域で児童・生徒を対象にした農山村での野外活動や自然・農業体験は豊かな自然とふれあうこと、仲間との切磋琢磨しあうこと、勤労・奉仕の経験をすること、現地の人々との世代間交流を深めることなどをとおし、関わり合いを持つことは将来にわたり社会の中で自立していける「生きる力」を育む貴重な機会となります。
 また、多様な農業・農村体験は、地域の方々や農業に従事する人々との交流が図られ、足を地に付けた活動をとおして、自然事象を観察し、課題の解決のための調査をし、自分の手で栽培・飼育体験をし、収穫・成長の喜びを共有するなど、自ら進んで課題を見つけ、見たり、聞いたりして判断し、意欲を持ちながら実践する等の体験はすべての学習の基礎を養い、豊かな人間性を身に付けることが期待されます。


第1章 農業・農村体験学習の教育的意義

1. 魅力ある農業・農村体験学習
(1)「地域の先生」が期待されている
(2)農村山が教育の場として注目を集める

2. 農業・農村体験学習のねらい

3. 学校教育と農業体験学習

4. 農業・農村体験学習の活動内容

5. 都会の子どもたちの受け入れ


このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします