3章 漁業体験活動の取り組み方法

 漁村体験を大きく分けると、兇埜てきたとおり、1)漁業体験、2)加工・食文化体験、3)生活・伝統文化体験、などがあります。そのほかに、4)自然観察体験(エコツーリズム)、5)海洋レクリエーション・マリンスポーツ体験、6)農林業体験、等があげられます。以下に、その中でもとりわけ体験学習として相応しいものを、詳しくみていくことにしましょう
1. 体験学習の実施可能なプログラムの内容
(1)漁業体験
(2)加工・食文化体験
(3)生活・伝統文化体験
  (4)その他、自然観察体験(エコツーリズム)など
2. 想定されるトラブルと対処法
(1)海辺や海上での危険性を意識し、注意を払うこと
  (2)漁業権・漁業規制上の制約がある
  (3)気象条件に左右されやすい
  (4)活動の時間帯に制約がある
  (5)不慣れは事前の準備でしっかりとカバーする
このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします