第5章 >> 2. 学校林を活用したX小学校の体験活動の取り組み事例

(1)概要

 茨城県水戸市立X小学校では、平成17年、18年度の2年間、隣接する学校林を教材として活用し、体験活動を行っています。これは、文部科学省初等中等教育局の事業である「豊かな体験活動推進事業」による実施です。
 この体験活動は、年間を通じた通年プログラムです。学校は市街地の中にあります。学校林は学校と隣接していますから、同じく市街地の中にあり、里山としては孤立した環境です。この里山「どんぐり山」を、さまざまなかたちで活用しています。


第5章 体験学習事例

1.東京農業大学環境教育支援センターとの連携によるA小学校のプログラム事例

2.森林・林業体験に取り組んだ東京都のA女子中学校の取り組み事例

3. 学校林を活用したX小学校の体験活動の取り組み事例
(1)概要
(2)3つの柱を立てる
(3)実施内容の紹介
(4)成果と課題

このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします