第5章 >> 1. 東京農業大学環境教育支援センターとの連携によるA小学校のプログラム事例

(1)東京農業大学環境教育支援センターとの連携によるA小学校のプログラム事例

 3章の3-(1)(2)で紹介した、東京都S区のA小学校です。それぞれのプログラム内容、コースグループとテーマ内容、プログラム行程を、表にまとめたものを掲示します。
 A小学校で注目したい点は、子どもたちが、森(林業)、農業(りんご)、川、この3つのコースに分かれ、インストラクターや農業者の指導の下、森林作業や農作業の体験学習を行っていることです。

A小学校での移動教室プログラム内容
  A小学校(4クラス、146名)
事前学習について
(6時限)

1.川場村の概要についての勉強
・・・世田谷区との比較(人口、面積、高齢化率)、特産品は何か(りんご、こんにゃく、ブルーベリー)
2.調べたいこと、知りたいことを考える
→コース、班分け・・森グループ、川グループ、農業(りんご)
3.世田谷区と川場村の交流事業ではどんなことをやってるのか(出前授業)
→森林ボランティア(森林づくり塾、山づくりくらぶ)、レンタアップル、そば打ち体験、伝統工芸品の体験学習等々
4.グループでのディスカッション。各コースごとに具体的に何を調べるのか。スタッフに何を質問するのか。

移動教室プログラム

1日目・・ハイキング、飯ごう炊さん
2日目・・コース別プログラム、キャンプファイヤー
3日目・・村めぐり

事前学習・ふりかえり
(5時限)

班ごとの発表会(5時限:川場で調べたことのまとめ+調べ学習、感想)

コースグループとテーマ内容

(単位:人)
グループ 内容 テーマ 1組 2組 3組 4組
自然散策(動物・植物)
・間伐体験
世田谷区の空気と川場の空気の違いについて 1     3  
虫のすみかについて 2   2   2
動物の生活のあとについて 3   1 1 2
動物のすみかやフンや足跡について 4   1 1 3
動物の種類・食べているもの・すみかについて 5 2 1 2 1
動物の残したあとや食べ物について 6 3 1    
木の種類と特徴1 7   3 5 1
木の種類と特徴2 8 2 3 4 1
木の実や植物の種類・特徴 9 3 2 1 3
川の生き物調査
・川遊び
川に住んでいる生き物の種類 10 6 6 1 2
プランクトンの種類と東京の川との水質を比較する 11 3 5 1 4
水質とプランクトンの種類 12 2 2 8 1
川場と多摩川の水質の違い 13 6 1 3 5
農業
(りんご)
りんごの花摘み体験
・川場の農業の話
川場のりんごと他の産地のりんごの違い 14   6 1  
りんごの花のつくりとりんごの花の種類 15 2 1   1
りんごの花・葉・木の育ち方 16     2 1
りんごの花の育て方 17   2 2 1
りんごの育ち方・木に実るまで 18 3     2
おいしいりんごを作るための工夫と努力 19       6
作物を食べる鳥と害虫の主な種類 20        

グラム行程表
    森グループ 川グループ 農業(りんご)
森班A 森班B 川班A 川班B 農業班
自然散策と間伐 川遊び 農業体験と生活用水
8:30 全体導入と説明会(私たちに必要な水はどこから来てどんな役にたっているんだろう。)
9:00 自然散策(動物班:森林内の動物、生き物観察) 自然散策(植物班:森林内の樹木観察、食べられる植物探し) 上流から下流へ 下流から上流へ りんご農家で花摘み体験 農家の方への質問
  川場村の川の生き物調査
・水生昆虫捕獲
・水辺の生き物捕獲
12:00 昼食
13:00 間伐プログラム 
・高枝ノコによる枝打ち
・ノコギリによる間伐(玉切)
・チェンソー体験
魚大作戦!
・ドブづくり、川遊び
(川にせき止めて魚を捕まえる)
農業と水の講話
・村内河川をめぐりながらのハイキング
15:00
15:30


第5章 体験学習事例

1.東京農業大学環境教育支援センターとの連携によるA小学校のプログラム事例
(1)東京農業大学環境教育支援センターとの連携によるA小学校のプログラム事例

2.森林・林業体験に取り組んだ東京都のA女子中学校の取り組み事例

3. 学校林を活用したX小学校の体験活動の取り組み事例

このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします