第1章 >> 5. 世界の環境と日本の森林・林業の深い関係

(4)いい植林、悪い植林

 森林問題が話題になるとき、よく、「伐ったらその分また植えたらいいじゃないか」という話が出ます。しかしこれは、人工林であれば通用する話ですが、原生林や原生林に近い生態系を持つ天然林では、「木を見て森を見ず」のような提案でしかありません。
 森林には、多くの生きものが棲んでいます。日本の森で言えば、クマ(本州はツキノワグマ、北海道ではヒグマ)、やシカ(ニホンジカ、カモシカ)、イノシシ、タヌキ、ノウサギ、リス(ホンドリス)、ノネズミ、ヤマネ、それ以外にも昆虫や植物等、大小さまざまな生きものが生息しています。木を伐って植え直すということは、その次の森が育つ何十年か何百年かの先の先まで、それらの動植物に「ここには棲めないよ」ということを強制するのと同じような意味合いを持ちます。中には、「その森」の「その生態系」でないと棲めないといった生物種がいる可能性もあります。
 新たに植える手間を考えるのであれば、今現在手入れもされず放置されている人工林に労力を割くことや、その林産物を上手く活用することを考える方が、はるかに建設的ではないでしょうか。
 子どもたちが森林問題や環境問題を学ぶときには、地域の動植物がどうなるのか、といった視点からの学びも踏まえて行うことが大切です。


第1章 今なぜ、子どもたちに森林・林業体験が必要か

1. 子どもたちがイメージする森林と現実の森林の違い

2. 知っているようで実はよく知らない「日本の森林」

3. 学習テーマとして魅力的な「日本の林業」

4. 森林・林業の基礎的データ

5. 世界の環境と日本の森林・林業の深い関係
(1)日本の森林・世界の森林と地球環境
(2)戦後の産業植林と木材輸入
(3)環境面から見る日本の森林・林業の意義
(4)いい植林、悪い植林
(5)日本の林業の将来像〜グローバリゼーションの中の日本林業

このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします