第1章 >> 4. 森林・林業の基礎的データ

(3)見えづらい現実、どうやって子どもたちに興味を持たせるか

 産業として見た場合、林業はとりたてて目立つ産業ではありません。山間部に暮らす子どもであっても、その視線は華やかな都会のものに向きがちです。
 日本の国土を守っている林業のことは何も学ぶことなく、都会だけで生活することを理想とすることは、大きな矛盾があります。しかし、子どもたちは林業や森林を学ぶ取りかかりすらない、というのが現状です。
 森林や林業を学習対象に取り上げ、実際の作業を一部でも体験してみることは、子どもたちにとってどれほど必要性の高い学習であるのかが、ご理解いただけたかと思います。


第1章 今なぜ、子どもたちに森林・林業体験が必要か

1. 子どもたちがイメージする森林と現実の森林の違い

2. 知っているようで実はよく知らない「日本の森林」

3. 学習テーマとして魅力的な「日本の林業」

4. 森林・林業の基礎的データ
(1)林業白書のデータから〜森林・林業の基本をきちんと理解する、理解させる〜
(2)日本の林業が抱えるさまざまな問題とは
(3)見えづらい現実、どうやって子どもたちに興味を持たせるか

5. 世界の環境と日本の森林・林業の深い関係

このコンテンツのすべての画像、文字データについて無断転用・無断掲載をお断りいたします